ここから本文です

ヨーロッパの製鉄が昔よりも臨海側で行われるようになったのは、鉄鉱石や石炭が取...

yyb********さん

2019/2/2417:00:03

ヨーロッパの製鉄が昔よりも臨海側で行われるようになったのは、鉄鉱石や石炭が取れなくなり、資源を輸入しなければならなくなったからですか?

閲覧数:
9
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yam********さん

2019/2/2421:23:34

基本的にはその考え方で良いと思います。中世までは、鉄鉱石と『木炭』が利用されていたのです。
しかし、木炭が不足し、『石炭』が使われるようになりました。高炉も大型になりました。
そのため、鉄鉱石の移動(輸入など)、石炭の輸入が行われるようになったのです。そのため、臨海部に『製鉄所』が作られるようになったと考えられます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる