ここから本文です

アコースティックギターのマーチンgpcpa3

mar********さん

2019/2/1823:11:04

アコースティックギターのマーチンgpcpa3

をもっています。
先日リペアショップにフレットの擦り合わせをしたんですが、
リペアが終わって家に帰って本体のチューナーを使ってチューニングしようとしたんですが本体のチューナーの表示がおかしくなってしまいました。
ここで質問なんですがフレットの擦り合わせをしたらこういう現象は起きるのでしょうか?
またフレット擦り合わせを依頼した時に
弦交換はしませんでした。
古い弦のままフレット擦り合わせをしたらこういう現象になるのでしょうか?

皆さんお知恵をかしてください。

閲覧数:
49
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuj********さん

2019/2/1907:01:12

本体のチューナーの表示がおかしくなってしまいました。=
オクターブチューニングが狂うことはあるかもしれませんが
チューナーの表示がおかしくなることはないでしょうね。

弦交換をしないとゆうことは
下の画像のように
ペグ側を付けたまま
ブリッジ側は抜いての作業になります。

その際
どのような形状のピエゾがついてるか知りませんけど
アンダーサドルがずれたとか
コンタクトピエゾが外れた等
のことがおこりうる可能性はあるでしょう。

それが原因で表示がおかしくなることはあるでしょう。

本体のチューナーの表示がおかしくなってしまいました。=
オクターブチューニングが狂うことはあるかもしれませんが...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2019/2/1909:12:28

リペアマンに問題があるというよりは、Martinのギターを使うと"そうなる"ってことさ。つまりMartinは非常に壊れやすいから。


クロサワ楽器が保証する正規代理店輸入品としてのMartinをスレ主さんが買ったのなら、3年保証が付いていたでしょう?期間内であれば、速やかにクロサワ楽器が指定するMartin修理工場に修理依頼するべきでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる