ここから本文です

消費税増税に係る契約書についてです。 業務委託についての契約(履行期間平成31...

アバター

ID非公開さん

2019/2/2010:02:40

消費税増税に係る契約書についてです。
業務委託についての契約(履行期間平成31年4月1日~1年間)を、平成
31年3月中に契約します。

(契約日は3月中)
業務内容は、建設などに係るものではなく(物を一括納入するものでは
ない)、対価を毎月支払うものなので、9月分までは8%、10月分から
10%の消費税が適用されると思うのですが、まずこの見解で問題ない
でしょうか。
また、消費税10%となることを考慮し、3月中に取り交わす契約書の
金額を、
金 ○○○○○円(税抜、消費税別途)
と記載しても問題はないでしょうか。
以上、2点についてご教授願います。

閲覧数:
2,268
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car********さん

2019/2/2010:05:53

(税抜、消費税別途)の記載方法は法的には問題はありません。

相手がどう言うかですけど・・・・
しっかり理解できます。

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/27 09:47:19

聞きたかった回答がこういう事でしたのでベストアンサーにしました。
すぐ回答いただいて安心しました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ggz********さん

2019/2/2614:25:55

消費税の変更については変更になってからの事です

chi********さん

2019/2/2012:00:25

付記すると、消費税の変動については法の施行時から開始と明記する事。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

nao********さん

2019/2/2010:50:31

役務の提供が完了した時期をいつにするかの認識を双方で統一しておくことです。
実例としてですが・・・
「毎月の業務が完了した時点で役務の提供が完了し、その対価を翌月末日に支払う」という認識と「1年間の業務が完了して初めて役務の提供が完了し、1年間の業務が完了した時点で売上計上する」という認識で揉めたことが有ります。
前者であれば9月30日までの業務については8%課税であり、10月1日以降は10%となります。
後者の場合は契約金額全額が10%課税となります。
業務の内容、下請法との問題等いろいろあると思いますが、双方の認識を整合させて契約書に明記することが必要と考えます。
ご参考までに・・・

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる