ここから本文です

マリリンモンローの主演作、全部収録されているブルーレイボックスは発売されてい...

zan********さん

2019/2/2020:36:23

マリリンモンローの主演作、全部収録されているブルーレイボックスは発売されていますか?

調べたのですがブルーレイ作品とDVD作品に分かれている物はある様です。
自分は主演作だけでよいのでブルーレイボックスが欲しいです。

日本では発売されていないのでしょうか?

閲覧数:
30
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eks********さん

2019/2/2121:25:31

マリリン・モンローが1953年公開の映画;”ナイアガラ”の出演でブレイク。
この作品も含め1961年まで製作された11本のモンロー主演映画の全部が収録されている単体のブルーレイ・ボックスはアメリカでも販売されていないようです。

一番近いのは「Marilyn Monroe: Classic 9 Film Collection (Blue-ray)」というボックス・セット。
1957年の”The Prince and the Showgirl ”と1960年の”Let's Make Love”以外の9本が収録されています。


Marilyn Monroe: Classic 9 Film Collection (Blue-ray)
$59.88
----
Subtitles: English, French, Spanish
Region A/1: including North America and Japan
Number of discs: 9
Rated: Not Rated
Studio: 20th Century Fox
DVD Release Date: September 10, 2013

・Niagara (1953) → あり
・Gentlemen Prefer Blondes (1953) → あり
・How to Marry a Millionaire (1953) → あり
・River of No Return (1954) → あり
・There's No Business Like Show Business (1954) → あり
・The Seven Year Itch (1955) → あり
・Bus Stop (1956) → あり
・The Prince and the Showgirl (1957) → なし
・Some Like It Hot (1959) → あり
・Let's Make Love (1960) → なし
・The Misfits (1961) → あり


Yahoo知恵袋は、商品宣伝や販売目的での利用が禁じられているため、リンクは貼りません。ご了承ください。
----


”The Prince and the Showgirl ”が収録されていない理由の推測ですが、まず この映画は元々 モンロー自身が立ち上げた会社;Marilyn Monroe's Productionに版権があり、現在は Warner BrothersがDVDリリースの権利を持っているようですが、おそらく過去の他の作品との混在販売については いまだ法律上の壁があるのではないか? と考えます。

もうひとつの推測理由は、”The Prince and the Showgirl ”は、モンローがそれまで、”ちょっとおバカで世間知らずな若いブロンド娘” というワンパターン役にうんざりしていたことに由来します。

モンローはいったん映画の仕事を中断してニューヨークのアクターズ・スタジオで演技を勉強しなおし、”Bus Stop”に続いて ”The Prince and the Showgirl ” を ”シリアスな役を演じる大人の映画女優モンロー”として公開した映画ですが、イギリスの名舞台俳優; Laurence Olivierとコンビを組んでまで撮影したものの、アメリカでの評価はさんざんで、おそらくWarnerが「ボックス・セットの値段が上がるだけでほとんど誰も喜ばない作品を入れるのはやめよう」 と判断したのかもしれません。

MARILYN MONROE - The Prince and the Showgirl (1957)
https://www.youtube.com/watch?v=YntZCYi54vI



”Let's Make Love”はミュージカル仕立ての映画ですが、オープニング直後にモンローが紫色のセクシーなセーター姿で歌("My Heart Belongs to Daddy")とダンスを披露するシーンは結構楽しめると思います。

MARILYN MONROE - My Heart Belongs to Daddy on Let's Make Love (1960)
https://www.youtube.com/watch?v=i5cGCzS-6C0

しかしコンビのお相手となるイブ・モンタン(フランス人)との相性はよくなく、IMDBなどの映画評価サイトを見ても、作品全体の評価としては、
”dull(かったるい)”、”vulgar(洗練さに欠ける)”、”unfunny(単純に面白いと感じるシーンがほぼない)”、”inconsequential(はっきり言ってどうでもよい映画)”
など辛口評価の言葉が並んでいます。

ニューヨーク・タイムズに至っては、この映画のハイライトは、ノン・クレジットの端役でちらっと出ているMilton Berle(アメリカで1940年代後半から50年代初期に大人気だったコメディアン)だった、とまで書かれています。
この映画も目の肥えたファンの間では失敗作、と受け取られたのでしょう。というこことでボックス・セットからもカットされたと思われます。

マリリン・モンローが1953年公開の映画;”ナイアガラ”の出演でブレイク。...

質問した人からのコメント

2019/2/24 23:04:47

詳しい回答、ありがとうございました。
日本でも発売して欲しいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる