ここから本文です

女性の胸から医師の唾液成分を含むDNAが多量に検出されたとする警視庁の鑑定や検査...

eng********さん

2019/2/2020:51:12

女性の胸から医師の唾液成分を含むDNAが多量に検出されたとする警視庁の鑑定や検査結果の信用性を検討。

結果が鉛筆書きで、書き直された部分もあったことに加え、検出量が争点と知らされた後、鑑定人が残った試料を破棄した。

~~~~~~~~~~~~~~~~

警察でDNAの証拠が書きななおされて、証拠物の試料は裁判が終わる前に捨てられている。
なんて、恐ろしい警察の捜査手法なのでしょうか?
冤罪を作り出そうとしている。

~~~~~~~~~~~~~~~~

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00000079-jij-soci
患者にわいせつ、医師に無罪=「術後せん妄」で被害幻覚-東京地裁
東京都足立区の病院で2016年、手術直後の女性患者の胸をなめたなどとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師(43)の判決が20日、東京地裁であり、大川隆男裁判長は「女性は幻覚を体験した可能性がある」などと述べ、無罪(求刑懲役3年)を言い渡した。


全身麻酔での手術後、患者が幻覚などを見る意識障害「術後せん妄」を発症することがあり、わいせつ行為の有無が最大の争点だった。

大川裁判長は、女性が乳房手術を受けた際、通常より多量の麻酔薬を投与されたと指摘。「せん妄状態だった可能性が高く、被害証言の信用性には疑問がある」と述べた。

その上で、女性の胸から医師の唾液成分を含むDNAが多量に検出されたとする警視庁の鑑定や検査結果の信用性を検討。結果が鉛筆書きで、書き直された部分もあったことに加え、検出量が争点と知らされた後、鑑定人が残った試料を破棄したことを挙げ、「結果を検証し難く、信用性に疑義がある。会話や触診で汗などが付着した可能性もある」と判断した。

閲覧数:
2,692
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bou********さん

2019/2/2021:49:05

患者女性の被害妄想でしょうね。
麻酔がまだ効いた状態では幻覚の激しい人はホントに霊などを見たと言いますからね。
医者も大変ですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/2/26 22:42:58

回答ありがとうございます!

有能な裁判官で良かったです。

「疑わしきは罰せず」ですね。

警察や検察には猛省して欲しいですね。

証拠の管理が杜撰過ぎます。

「せん妄 女性」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

tp9********さん

2019/2/2021:55:32

だからです、
私が冤罪の全ては裁判官の責任だというのは。

警察と検察は犯罪者を探し出し、
証拠を添えて送検後起訴して有罪判決を得て評価されますから、
証拠のねつ造や隠蔽あるいは無理な取り調べの可能性があります。
最初から分かっている事です。

どんなに清潔な組織であろうとも、
(知る限りそれでも日本の警察は世界一清潔です。
犯罪者もいますがあくまでも個人的な問題です)
高く評価されたいという気持ちはあって当然です。
裁判官だって最高裁の方向を見て判決を書きます。

それを防ぐために刑事司法の大原則が存在するのです。

疑わしくば被告人の利益にという大原則を、
身分が保証されている裁判官が守れば、
冤罪は存在し得ないのです。

冤罪を許さず検挙率が下がっても受け入れるか?
冤罪を受け入れ真犯人を見逃すか?
当然冤罪の場合は検挙率は高くなりますが事実ではなく、
真犯人を見逃す事にもつながります。
被害者ご遺族を含め、
社会がこれを受けれなければいけない事も知るべきです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ojy********さん

2019/2/2100:33:08

検察は控訴するんだろうか?
そこが問題
最高裁が覆す場合もあるから

sdf********さん

2019/2/2103:25:31

国家権力並みだから大変

d_1********さん

2019/2/2108:46:06

この医師 うまく逃げ切ったと思う
多分 舐めてる。
人とおしゃべりしていても
唾が飛ぶって なかなかないからね

dr_********さん

2019/2/2110:55:55

国内のDNA鑑定は海外に比べるとまだ進んでないので、10%以下のDNA混入まで検出できる検査機関は民間の検査機関が1カ所あるぐらいです。

科捜研で行われる一般的なDNA鑑定の感度では会話中の唾がとんだぐらいだと検出されません。
10%以下のDNA混入を検出できるほどの感度ではありません。
国内で行われる一般のDNA鑑定の感度では、検体の採取方法は法医学検査用の特殊綿棒で女性の皮膚を擦り取るので、舌で舐めたり、精液や血液などを付かない限り検出される可能性は低いです。

DNA鑑定でお医者さんのDNAが検出されたってのはそれだけでも有罪確定になるほどかなり強い証拠です。
一般的に科捜研からの生の検査データーは非常にキレイで、ネットでググって出てくる民間の検査機関と比べると特A級です。
しかも日本は99.9%の有罪率を誇るので、警察さえ動いてくれれば有罪確定です。

問題なのは、結果が鉛筆書きで、書き直された部分もあった。
検出量が争点と知らされた後、鑑定人が残った試料を破棄した。
免罪符を与える気満々だったのではないでしょうかね。。。
何でって思うほどですが。。。、

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる