ここから本文です

明治時代ではリストラのことを何と言いますか?

アバター

ID非公開さん

2019/2/2415:12:24

明治時代ではリストラのことを何と言いますか?

閲覧数:
20
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dhi********さん

2019/2/2418:22:57

リストラ=解雇ではありません。
英語のRestructuringで意味は再構築です。ロシア語でPerestroika ペレストロイカ。
事業内容や政治体制を見直して、会社組織を改革/国の行財政改革などを行うことです。会社の場合にはそれら再構築の一部として不採算部門の縮小~解雇があるのです。
解雇に限れば、
明治時代でも解雇または免職、俗にクビ・馘首でしょう。
アメリカの俗語でfire、お前はクビだ You are fire!・・・は、D.トランプ氏の決めゼリフでした。

とはいえ日本史カテなので、明治時代のRestructuringというと大きくは
1869 版籍奉還
1871 廃藩置県
1873 徴兵令・地租改正条例
1876 秩禄処分・廃刀令
1881 国会開設の詔勅 というところでしょうか。

アバター

質問した人からのコメント

2019/2/24 21:12:20

皆さん詳しくありがとうございました。
大変勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rdm********さん

2019/2/2415:31:01

「お役御免」
これまで自分に与えられていた役目や役割、仕事などを辞めさせられること。

「お払い箱になる」
不用になった人や物を解雇したり捨てること。

「引導を渡す」
「相手に最終宣告をする」という意味として使われます。

特に武士の場合、「秩禄処分」

jtd********さん

2019/2/2415:13:22

暇を与える

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる