ここから本文です

補聴器について 30代男です。 生まれつき耳が悪く、耳鼻科で年に1回聴力検査を...

アバター

ID非公開さん

2019/2/2421:32:12

補聴器について
30代男です。 生まれつき耳が悪く、耳鼻科で年に1回聴力検査をしています。
今の聴力が50dbで、中度の難聴です。
補聴器について耳鼻科からは特に何もなく。

必要なら店行ってみてくださいとう感じでした。
補聴器の購入で医者の診断書とかはあったほうがいいですか?
あと、補聴器の購入するならどこがいいのでしょうか?
補聴器の専門店か、めがね市場のような補聴器を扱っている店でも大丈夫でしょうか?

閲覧数:
123
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

inf********さん

2019/3/308:26:52

僕は聴覚障害6級です。
両耳共に79dBです。

医者の診断書は不要ですね。
補聴器の購入なら補聴器専門店がお勧めですが、特に「認定補聴器専門店」の方が良いですよ。
ちなみに僕はこちらの補聴器専門店で補聴器を買いました。
https://www.rionet.jp/shop/

それと、良さそうな補聴器を選んでも即購入する必要はありません。
僕が紹介した店では【無料試聴器お貸出し制度】があります。
例えば、「補聴器を考えているがどんな風に聞こえるのかまず試してから検討したい」
「補聴器を試したら買わなければいけないんじゃないのかなぁ?」
「補聴器を使用して本当に思ったほどの効果があるのかなぁ?」
補聴器を初めての方はまずこのことが頭の中をよぎると思います。
僕が紹介した店はそのような意見に対応出来るように【無料貸し出し制度】を設けています。
専門スタッフが適切に調整したうえで、試聴器をご自宅へ持ち帰って頂き、ご自身の日常生活スタイルの中で実際に試してもらいます。
装用効果をご自身やご家族様で確認・評価が出来ます。

ちなみに、補聴器購入の流れはこのようになります。
https://www.rionet.jp/guide/step/index.html

  • inf********さん

    2019/3/308:44:24

    【追伸】
    聴覚障害の手帳を持っていない “一般向け” の補聴器はほとんどが10万円以上します。
    でも、手帳を持っていない人が福祉用の補聴器 (障害者総合支援法 対応補聴器のことです) を買うことは可能です。
    僕は障害者手帳を取得しているので【障害者総合支援法 対応補聴器】を買いました。

    【障害者総合支援法 対応補聴器】は国内のメーカーや海外のメーカーであっても価格は決まっており、こちらの価格になっております。
    ・高度難聴用 耳かけ型 43,900円

    ・重度難聴用 耳かけ型 67,300円

    また、仮に “一般向け” の10万円以上の補聴器を買う場合、ローンで買うこともできるようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

con********さん

2019/2/2511:23:36

fさんがお書きになっている通りなのですが、付け加えて、聴力検査が50dbというときに山谷があって50dbなのであれば、集音器は絶対にやめましょうね。

真っ平らなカーブの50dbなら、集音器でも耐えられるなら耐えてください。
正直、ノイズとかハウリングを考えると集音器は使えないと思いますけど。

山谷を受けることができる装置が補聴器です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

fra********さん

2019/2/2510:31:20

まず、耳鼻咽喉科からの診断書は無くてもかまわない
(診断書貰うだけでけっこう費用がかかるため)
口頭で厳密な耳の症状・病状を伝えられることが出来れば構わない
それと、補聴器を付けることの安全性の確認がとれていることの確認です
『行ってみてください』という話がある場合たいていOKだとは思います
そういう診断書はないよりはあるに越したことありませんが
医師だって治療という本来の業務で忙しく書いている暇もないと思いますよ


補聴器を購入するうえで重要なのは

1、補聴器を聴力に合わせることが出来る場所で購入すること

2、販売店員のスキルが高いこと

3、通いやすい場所にあること

この3つが重要となります

1の指針となるのが、認定補聴器技能者という資格制度です
最低でもこの資格を有するスタッフ本人から購入することが望ましいです

2、に関しては上記の資格制度をとっているということにプラスして
更に本人の能力が高いこと

3、出来るスタッフがいても、通えないのでは単純に1dBの差を埋めることすらままならなくなるでしょう


優秀なスタッフがいる場所なら
購入する店舗はどこでも構いません

できれば、補聴器専門店の方が良いでしょうというイメージはあるけどね
ただね昨今は出来るスタッフが本気でチェーン店で働かないと思います
すぐ転職して補聴器専門の販売店に勤めるかもね

認定補聴器技能者というスキルは、
もっているだけで現在引っ張りだこの資格でもあったりもするんです

プロフィール画像

カテゴリマスター

yun********さん

2019/2/2501:51:22

>聴力が50dbで、中度の難聴です

そのようですね。補聴器は非常に値段が高く、上を向いたらキリが無いです。

通販で集音器というのが売られてます。音量調節機能付きで5000円程度で買えますので、これがいいかと思います。

自分も難聴で右耳が65dbですが、まだ普通に聞こえてます(感音難聴はある)ので、それらを買うとかは先生からも指示は無いですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる