ここから本文です

いまの日本経済を支えているのは低所得者の協力会社の正社員(正社員の派遣社員)が...

ame********さん

2019/2/2507:29:17

いまの日本経済を支えているのは低所得者の協力会社の正社員(正社員の派遣社員)が支えている?

実際に働いているのは低所得者の協力会社の正社員(正社員の派遣社員)で、正社員はこの上記の人たち労働賃金を搾取して高給を受け取っている。

これが日本の労働生産性が低い理由?

恐ろしいことに賃金が高くなるほど働かなくなっている。なぜか賃金が安い人ほど働かされている。

例えば賃金を2倍貰っている人は2倍の労働をしていない。口だけで実際の労働はせず0.5の仕事をして下の賃金が1/2で働かされている人が1.5倍。自分の仕事が終わったら他の手伝いに回されている。

労働生産性を下げているのは賃金が高くなるほど働いていない正社員のせいでは?

閲覧数:
13
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

der********さん

2019/2/2507:32:19

そうですね。

低い理由ですが、企業が存続する理由でもあります。

高いコストがかかる上、簡単に首を切れない正社員こそ生産性低いと思いませんか?

質問した人からのコメント

2019/2/25 20:01:47

ありがとう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる