ここから本文です

火葬場での写真撮影が禁止されている理由を教えてください。 別にご遺体の写真...

アバター

ID非公開さん

2019/3/322:30:12

火葬場での写真撮影が禁止されている理由を教えてください。

別にご遺体の写真を撮るって訳ではないんですよ。

こういう機会じゃないと会えない親戚などもいるので、
記念と言えば失礼だけど記録用に撮影することも許されない、
その理由を知りたいのですが。

閲覧数:
118
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nud********さん

2019/3/514:01:57

理由はいくつかあります

火葬場は作りが複雑で蛍光灯や壁などに様々な装飾が施されているので、写真撮影をすると反射などにより光の線が入ったりなど変なものが映りやすいのです

別に霊がいるわけではなく、蛍光灯や壁、そして位置によって写真を撮ると反射などにより物理的に発生してしまうものですが、そういうものが写ると心霊写真だの、あそこの火葬場は幽霊が出るだの騒ぎ出して火葬場が風評被害を受けるからというのが一つ目の理由です

次は特に火葬炉がある炉前ホール、つまりお別れをする場所というのは撮影禁止の場合が多いですが、炉前ホールは大きな火葬場であればあるほど火葬件数も多いので、炉前ホールには自分達だけではなく他の葬儀の遺族や関係者もたくさんいる事があります

また、自分達が到着した時には今、まさに棺を火葬炉へ入れるところで遺族や関係者が見守っていたり、その隣の火葬炉ではまさに今、お骨を火葬炉から出していたりします

つまり、そういうところで写真を撮影してしまうと、他の遺族や関係者の顔、他の故人の遺影、お骨が写真に写ってしまうわけで、そうなると肖像権の問題が起きます

また、火葬場、ましてや炉前ホールでの撮影場マナーが悪い!非常識!という人が多いのがこの国ですから、写真撮影をすると他の遺族とトラブルになる可能性が高いです

それが2つ目の理由

3つ目は火葬場の職員は昔は火夫さんと呼ばれていて差別を受けていた時代があり、写真に火夫さんが映り込む事はタブーだったわけです

火葬場職員のプライバシー、肖像権の問題があるので撮影禁止

それが3つ目の理由です

そもそも、火葬場は人の死を扱う場所と共に故人をあちらの世界に送る極めて神聖な場所とされています

いくら普段会えない親戚が集まるとは言っても、そのような人の死を扱う場所であり、かつ神聖な場所で撮影をするというのはあまり良い事ではないでしょう

それをしなければならない必要性、必然性が無ければやはり避けるべきですし、そもそも、火葬場で撮影する必要性がまず感じられません

撮影するなら別のところでいいのでは?

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/10 18:07:39

ありがとうございました

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる