ここから本文です

自己破産についての質問です。

アバター

ID非公開さん

2019/3/400:14:26

自己破産についての質問です。

未婚の31歳で女。貯金0円、返済額凡そ、300〜350万円。
正確な負債額は分からない。
両親からの援助は見込めないが、実家暮らし。

自己破産をした場合のメリットとデメリットを教えて頂きたいです。
できるだけ、細く教えて頂けると有り難いです。

閲覧数:
226
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

u96********さん

2019/3/406:16:36

こんにちは。

自己破産のメリットは何と言っても債務がなくなることです。
他の債務整理がどんな条件であれ、債務も返済も残るのに対して、自己破産は言葉は悪いですが、「借金をチャラ」にできます。

一方でデメリットとしては、

① 借金返済のため、裁判所が必要と認めた資産(当座の現金(99万円まで)あるいは資産価値20万円未満の生活必需品(自動車・家具・電化製品など)など)以外の資産は換金のため、差し押さえられます。


② 信用情報機関にその事実が登録されますので、一定期間(5~7年間)、クレジットカードの作成は認可されず、銀行から住宅ローンを初めとして融資が受けられなくなります。

③ 申請から免責決定までの期間は就く職業に制限があります。(「士」業(例 弁護士、司法書士などや警備員の職に就くことはできません)

④ 自己破産した事実が官報に掲載され、氏名・住所が公表されます。


大体、こんなところでしょうか。


なお、ご質問者様が自己破産をご検討とのことですが、他の債務整理方法も比較・検討したうえでのご判断でしょうか?

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産などがありますので、どの方法がベストかは詳細を伝えて、専門家に相談されると良いと思います。

以下のサイトが無料相談が匿名で出来る様なのでご参考にして頂くには良いのではないでしょうか。
なお、こちらは着手金なしや分割支払いにも応じてくれますので、まずは相談されることをお勧めします。


http://gachiyaba-news.com/site/saimuseiri_soudan.html

一日でも早く債務生活から解放されるよう、応援しています。
頑張ってください。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ck5********さん

2019/3/502:19:55

破産に関しては下の方の言う通りです。

あなたの破産手続きに関するデメリットを言うと、親と同居(生計が同じ)
だと親の給与明細や親が払っている保険料、又光熱費など細かい
家計収支表が必要になるので、親の協力が必要になります。

親同居でそこまでの借金があるという事は、生活苦での借り入れではなく
浪費があると感じられます。破産の準備中にカード会社から履歴を取り寄せます。
浪費が多いと判断されれば、少額管財になるので、弁護士費用+管財費用20
万弱必ず必要になります。管財費用用意できないと破産申し立てられません。

管財事件だと管財人の事務所に何回か面談に行ったり、家計収支表、反省文などの
提出が必要になります。郵便物は管財人に転送されるので、郵便局関係者には
ここの家の誰かが破産した事がバレバレになる。

こんなデメリットもあります。

man********さん

2019/3/400:54:36

自己破産したとしても全借金が消えるとは限らない
弁護士等に頼むと意外と高額で
依頼料を短期間(1年ほど)で返済しないとならない
財産の試算の為に実家に管財人がやってくる

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる