ここから本文です

速単上級セクション12【早稲田、教育学部】 ①L3〜6【ささいな】 This refers to ...

sna********さん

2019/3/618:14:21

速単上級セクション12【早稲田、教育学部】
①L3〜6【ささいな】
This refers to any situation in which the experimental conditions are such that the mere fact that the subject is awar

e of participating in an experiment,is aware of the hypothesis,or is receiving special attention tends to improve performance.
速単訳→これは、実験の状況がそのようなものであるがゆえに、被験者が実験に参加していることを認識していたり、仮説を知っていたり、特別な注意を向けられているという単なる事実によって、能力が高められる傾向がある状態のことを言う。
(1)なぜこの英文は悪文だと思いましたか?確かにすごく訳しにくいとは感じました。なので、下に出典元も載っけておきますね。
(2)速単訳の「によって」やヤシノエさんの「(〜だけ)で、」っていうのは、無生物主語(the mere fact)だからこんな風に訳に反映させてるんですよね?
(3)【メイン】前置詞+whichの場合って、前置詞の訳を反映させることにこだわらなくてもokなんですよね?

この英文に対するヤシノエさんの回答が2件見つかりました。
なので、このセクションの中では一番難しいと感じましたが、ほぼ解決しました。
ヤシノエさんの【such の後ろに名詞が続いていないので、この such は代名詞だということが分かります。すなわち such だけで「そのようなもの」という意味であり、具体的に「どのようなもの」かが that以下に示されています。】と、
【「被験者が、実験に参加していることを知っており、また、仮説の内容や、特別な注意を払われていることなども知っているような実験条件が設定されるだけで、被験者の成績が上がる、という状況をこのことが指している。」】が役立ちました。
ちなみに速単巻末でも、performanceは、「被験者の実験の成績」となってます。

・2019/1/19(今年なので驚きました!)のヤシノエ様の回答
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q132021172...

・2018/4のヤシノエ様の回答
この英文は悪文とおっしゃってます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q111890906...

出典は巻末によると、
Republished with permission of Taylor &Francis Group,LLC(USA)c/o Copyright Clearance Center,from TOPICAL ANTIMICROBIAL TESTING AND EVALUATION,Daryl S. Paulson,1999

となってます。書名は、「TOPICAL ANTIMICROBIAL TESTING AND EVALUATION」の部分だと思いますが。

②L15【メイン】
Further experiments, with rest periods and varying the length of working days and weeks ,were also accompanied by gradual increase in efficiency
withから始まる挿入句についてです。
両端にカンマがあって、解釈に戸惑ったのですが、
(4)with 【rest periods】 and 【varying the length of working days and weeks】ってことですよね?
もっと詳しく言えば、
【Further experiments with rest periods】and
【Further experiments with varying the length of working days and weeks】ですよね?

(5)Further experiments, with rest periods and varying the length of working days and weeksをどんな感じに訳しますか?

(6)varyingの品詞と意味を教えてください

他の人の回答です
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101935633...


③L16で使用されている熟語
A is accompanied by Bの訳し方などについて軽く教えてください

ヤシノエ,被験者,the mere fact,Paulson 1999,前置詞,スナ,誰か

閲覧数:
85
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yas********さん

2019/3/701:02:15

「悪文」と書いたのは言い過ぎだったかな、と反省しかけたところで、スナさんが示してくれた原典にあたってみて驚きました!!!

https://books.google.co.jp/books?redir_esc=y&hl=ja&id=heqdgNDkt2EC&...

速単の英文は、この原典を誰かがわざわざ読みにくい英文に(敢えて言います)「改悪」したものですね。

②も学習者が迷うはずです。文法的に破綻しています。

・・・夜も更けてきたので、私の回答は後ほど。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/11 11:53:05

ありがとうございましたヤシノエ様

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる