ここから本文です

急性扁桃炎を調べたら、急性扁桃炎の3〜4週間後に糸球体腎炎を起こすことがあると...

アバター

ID非公開さん

2019/3/622:41:13

急性扁桃炎を調べたら、急性扁桃炎の3〜4週間後に糸球体腎炎を起こすことがあると出てきました。

学校で糸球体腎炎は先行感染を伴うと
習ったのですが、先行感染の意味を調べると
ある疾患を発症する前に病気にかかっていた感染症で、その疾患の発症に関与していたと考えられるものと出てきました。
急性扁桃炎より前に糸球体腎炎が起こるのであれば理解出来るのですが急性扁桃炎の後に糸球体腎炎が起こるのに何故糸球体腎炎は先行感染になるのですか?
先行感染は発症する前に病気にかかっていたものを指すので先行感染であれば急性扁桃炎よりも前に糸球体腎炎にならなければおかしくないですか?
それとも糸球体腎炎は先行感染ではないのでしょうか?、、、よくわからないので教えて下さい。

一般臨床医学総論

病気

症状

閲覧数:
50
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nash4095さん

2019/3/623:18:37

内科医です。


咽頭炎とか皮膚軟部組織感染症にかかり、そこで抗体が出来て、それが腎臓を攻撃するのがPSAGNです。

分子相同性による疾患はGBS、ARF、IgA腎症等、色々あります。

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/6 23:56:56

わかりやすい解説ありがとうございます 助かります (><)!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる