ここから本文です

ウイスキーをニートで グリーンブックという映画を観てきました。1960年代のア...

Boulevardierさん

2019/3/809:19:18

ウイスキーをニートで

グリーンブックという映画を観てきました。1960年代のアメリカの話なんですが、主人公の黒人ピアニストがカティーサークの愛飲家という設定でした。

とある酒場に運転手兼用心棒的な役割のイタリア系移民の白人と入った際、"Two CUTTY SARKs,neat."と言ってウイスキーのストレートを注文していました。

ニートという表現はイギリス英語だと思っていましたがアメリカでも使うのでしょうか?映画の設定だと黒人ピアニストは「ドクター」の敬称で呼ばれており博識なので知っていたとしても、場末のバーでは店の人間がすっと理解出来るものなのかなとちょっと思いました。

閲覧数:
210
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/3/900:27:11

whiskey neatは特にイギリス英語というわけでもなくアメリカでも普通の表現です。お酒を出す店ならどこでもわかる言葉です。

  • 質問者

    Boulevardierさん

    2019/3/906:52:25

    ロングマンには
    especially British English a neat alcoholic drink has no ice or water or any other liquid added
    との記載がありますが、「アメリカでも普通の表現」なんでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる