ここから本文です

配信者の放送媒体による視聴者数の違いについて ニコ生やyoutubeなど、複数の放...

アバター

ID非公開さん

2019/3/916:43:39

配信者の放送媒体による視聴者数の違いについて

ニコ生やyoutubeなど、複数の放送媒体を利用している配信者はときどきいらっしゃいますが、媒体による視聴者数の違いが気になります。

(どちらか片方のみで配信している場合の話です)

たとえば私は加藤純一さんをよく見ますが、
ニコ生とyoutubeでは同接に1万人以上の差がつきますよね。

個人的には好きな配信者であれば、どこで放送していようが構わず視聴するものだと思いますし、サイトによる見やすさの違いもなども感じられないのですが...
視聴者側にも結構こだわりがあるものなのでしょうか?

閲覧数:
77
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hkd********さん

編集あり2019/3/1000:18:36

理由に関してはいくつか挙げられると思います

1つ目としてはニコ生で獲得した視聴者よりも、youtubeで獲得した視聴者数が多いことですね
ニコ生時代はまだ席数制限があり、最大視聴者数に関して詳細な記録は残っていませんが、盛り上がった放送でも本家5000人満員、ミラー2500人満員+α程度でミラーを合わせても1万人を超えることは多くありませんでした
コミュニティー人数も10万人を超えたのは、youtubeに移行した後でしたし、絶対数としてニコ生時代から見ていた視聴者が少数派になっていることが少なからず影響を与えているのは間違いないと思います。
もちろん熱心なファンであれば自分で調べ、ニコ生にたどり着くファンも多いとは思いますが、全員が全員ヘビーなファンではないですから
裏付けとして第3回加藤純一万博以降平均8000人程度だった視聴者数が平均1万人程度まで上がっていますし、ニコキャスで見ている層などもちくらんでみればわかりますが、かなり増えています(アリーナのアクティブだけ3~4倍になっている)

2つ目としては元々雑談よりもゲームや企画放送が集客力が高い傾向があるからですね
現在ニコ生では雑談を中心に行っていることが一つ目の理由ほどではないですが、影響しているのでは
現在放送しているウィニングポストではあまり視聴者数が伸びていないので差が分かり辛いですが、例えばニコ生で最初に本家立ち見sに到達した放送はバイオ準備枠でしたし、ニコ生放送最高立ち見数も記憶に新しい万博、youtubeの1~3万人突破放送も全てゲーム枠と影響があるのは間違いないでしょう
まあ掲示板削除疑惑時の雑談など例外もあるので一つ目よりは影響は小さい気もします

3つ目としては、ニコ生がyoutube liveやツイキャスなど他サイトと比べ、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末で視聴し辛いことや、不具合が多い・重い・止まることが多いなどの短所が多いことも挙げられるのではないでしょうか
携帯端末で視聴し辛いことは10代などの若い層の視聴を妨げますし、不具合の多さも、保管庫などで後で視聴しなければならなくなる層を増やしてしまう原因です
やはりyoutubeで獲得した層には若い層もかなり含まれているでしょうし、少なからずニコ生とyoutubeの視聴者数の差を作る原因になっていると思います

総合的に見てやはり一番大きいのは下の方も言っている通りニコ生から見始めた視聴者よりyoutubeから入った視聴者が多いことだと思います

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/10 00:45:21

何となくで投稿してみた質問でしたが、
お二方とも非常に丁寧なご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jui********さん

2019/3/922:58:11

最近は、ニコ生で雑談つべでゲームってパターンがほとんどで、新規参入している視聴者の多くはつべのゲーム配信がきっかけという人が多いと思う。
雑談してても「ゲームやれ」とかってコメントもよく見るし「ゲームをしている加藤純一」を求めてる人がかなり多いんじゃないかと思ってる。

あくまで個人的な意見ですが…

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる