ここから本文です

法然や親鸞は法華経を否定、誹謗していると聞きました。本当ですか?

ma2********さん

2019/3/918:58:15

法然や親鸞は法華経を否定、誹謗していると聞きました。本当ですか?

閲覧数:
103
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ya2********さん

2019/3/920:17:34

はい、本当です。
法然は選択集で「法華経は捨てよ」と誹謗。
親鸞は選択集をありがたっています。
また、「法華宗から、法華経を誹謗するな」といわれたら、「法華経は難しいので、念仏で充分」と釈尊の教えを無視して、「法華経より、無量寿経がいいのだ」といっています。

質問した人からのコメント

2019/3/10 14:52:21

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

zk2********さん

2019/3/1010:27:26

こんにちは。「tyran」です。


「仏陀」ことお釈迦様も、「如来」こと阿弥陀如来様も「悟り」を開かれてその地位におられるわけで…

「悟りの世界」無くして「仏陀・如来」は存在しないので、「悟りの世界」を説かず無視することは、お釈迦様・阿弥陀如来様を無視していることに繋がると思います。
「仏教」とは、本来「仏陀に成るための教え」であり、悟りを開く努力無くして「仏道」ではないはず。

「法然上人」「親鸞聖人」の、念仏の勧めは絶対他力:他力本願であり「悟らなくてもいい」「念仏だけ唱えれば救われる」となり、悟る努力を無視しております。

「日蓮聖人」も、お題目「南無妙法蓮華経」を唱えるだけで救われると説き、これも他力本願であり、悟る努力を無視しております。

双方とも「他力本願」で共通です。
この数千年間、悟る努力が放棄された故に「仏陀」たる目覚めたる存在が世に現れなくなってしまった。「法華経」では、お釈迦様は亡くなられる前に「わたしの今までの教えは方便だから、一端捨てなさい。」と言われ、さらに「自灯明 法灯明:自分自身の悟りを得て、その教えを法として伝えて行きなさい。」とおっしゃられました。

つまり、「自分で悟りを開いてその真理を伝えればいいのだよ。だれが悟っても、それは真理なのだから…わたしの教えに執着してはならない。」と、お伝えになられたわけです。

法華経:自分自身の悟りを開いてそれを伝えなさい。

お釈迦様は「死」を前に、弟子達が「教え」にこだわるあまり「悟り」が開けなくなることを懸念された。現代までに「法華経」の意味が理解されてない部分はあるでしょう。

さて「阿弥陀如来様」ですが、お釈迦様は、2500年前に「悟り」を開かれて仏陀になられた史実が判明している反面で、阿弥陀如来様に関しては「不明」の部分が多いです。

元は王族の王子であられ悟りを開こう決意されて「世自在王」の元で菩薩行を行われて、「48の誓願:48の悟れない行いを行わない誓い」を立てられて、それが”途方もない年月”にて満願となり阿弥陀如来に成られたとされます。

途方もない年月:何百年か?

推測ですが、阿弥陀如来様はお釈迦様より前に生まれた方で、「悟り」に関しては、お釈迦様が亡くなられた後に悟られた可能性もあります。

いずれにせよ「お悟り」に関しては、”涙ぐましい努力”をされた方々です。「悟らなくていいんだ」という考え方は、本当は「失礼」なことなのかもしれません。


長文でした。

ありがとうございました。

han********さん

2019/3/1009:13:37

否定はしてますが誹謗はしてません。
法然も親鸞も、念仏以外の法では救われない身であると悟り、
ただ念仏だけを選んだということです。

日蓮こそ、法華経以外の全てのお経を否定し、かつ誹謗しています。
「禅天魔、律亡国、念仏無間」
無間ってのは無間地獄という意味です。

wou********さん

2019/3/1000:12:53

法然上人は「捨閉閣抛」と言われているようです。意味に関しては、下記を参照してください。
https://kotobank.jp/word/%E6%8D%A8%E9%96%89%E9%96%A3%E6%8A%9B-52564...
この言葉を日蓮聖人は、念仏以外は捨てろと言う「念仏以外」の中に法華経も入ってるはずだ、と考え法然上人を厳しく批判しています。私は法然上人の書き物を読んではいないので、本当かどうかはわかりません。
法然上人をひどく批判した日蓮聖人ですが、親鸞上人に関しては、全く言及がありません。存在自体を知らなかった可能性も有りますし、法華経誹謗とは思わなかったのかもしれません。浄土真宗に関しては、曽我量深師やその外の御僧侶の本を読みましたが、法華経を批判してるとは感じませんでした。むしろ、考え方に日蓮聖人と似たものを感じました。唯、親鸞上人の書物には法華経への言及はないそうです。

hoh********さん

2019/3/921:16:07

誹謗していません

逆に念仏しかできないからそうしているというだけです

zvs********さん

2019/3/920:01:35

誹謗はしてないよ

ただ法華経は衆生を救う法じゃないから、衆生を救う法を授ける善知識に成ったら事を書いてある、お経なので法華経を読んでも意味はない
と言ってるのですよ

阿弥陀如来の誓願の法を、どうやって授けるか理解できないと解らないかもね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる