ここから本文です

源泉徴収額の計算方法ですが、支払い給与額から社会保険を−した金額が計算の元とな...

tio********さん

2019/3/1100:35:06

源泉徴収額の計算方法ですが、支払い給与額から社会保険を−した金額が計算の元となるんですか?

補足②給与明細書には、課税支給額と言う項目があります。課税支給額から社会保険料を控除した金額が課税対象額となっております。課税支給額とは何を表し、課税対象額とは何を表すのですか?標準報酬月額のもとになるのはどちらでしょうか?

③課税支給額に加算される手当と加算されない手当とで分かれております。これはどのような基準で分かれているのですか?税法上何か指針のようなものが出ているんですか?

閲覧数:
44
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

jta********さん

2019/3/1107:45:20

標準報酬月額は、 総支給額できまります。
税が課税される、されないは関係ないです

総支給額のなかで、非課税になるのは
一定の条件の通勤費です

月額15万まで
合理的な経路の公共交通機関の通勤費
自家用車の場合は、距離に応じた通勤費
までが非課税です
それ以外の手当は、通常課税されます。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2508.htm


収入 - 非課税の手当など 課税される額

課税される額 - 社会保険料 =
その月の源泉徴収税を計算する際の対象額

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる