ここから本文です

田舎は暖かいと誰が言ったのですか? 個人的には田舎の人はバカで冷たくて頑固...

air********さん

2019/3/1209:42:56

田舎は暖かいと誰が言ったのですか?

個人的には田舎の人はバカで冷たくて頑固だと思います。ヨソ者や若者、新しい考えを嫌い、結局村ごと衰退していくのを見てもそう思います。

岩手普代

村 賢明な村長が高さ15mもの防波堤を建設しあの震災で津波による死亡者ゼロだったそうですが防波堤の建設には強硬に反対する村民がいて苦労したようです。村長が地元から出たことがない、昔からのしきたりやしがらみにとらわれる人間だったら防波堤建設を強行するという賢明な判断は出来なかったと思う。

そんなに田舎が良いのなら毎年毎年何万人も上京してくる人がいるのはなぜでしょうか?

閲覧数:
237
回答数:
18
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

編集あり2019/3/1410:28:44

田舎の人は外の世界や広い世界(都会)を知らないから選択肢がない人生を送っているので視野が狭いのです。

田舎の人は都会がどれだけ選択肢が豊富で失敗してもいくらでも次があって効率的かを知りません。

その点で都会の人から見たら疑問に思う部分が多いです。
田舎では半日かかることも都会では20分もあれば終わってしまいますから、どれだけ無駄が多いんだと思ってしまいますね。
そして時間を無駄にしていることすら気づいてない。
田舎の人は人生の半分移動時間にささげてます。
とても趣味に当てる時間などありません。
まあそもそも田舎には豊富な趣味や興味などを知る環境はないので本人たちは気にはしてないでしょうが、都会の人より触れるものも少なくインスピレーションも受けないのでやはり物の見方や考え方は狭くなりますね。

だから田舎の人は違う意見は受け入れられないし、アドバイスも聞かない人が多いです。

賢い人は都会へ出ます。
なので必然的に田舎に残る人はやはり広い視野を持てなかった人達が多い印象です。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/17件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho********さん

2019/3/1209:49:41

質問者様の言っている側面もあると思います。大学生の頃に地方で一人暮らしをしていましたが、すぐにホームシックにかかりました。とはいえ、何年も住んでみると、その地域の良さもわかりました。近所の人が何かと助けてくれたり、都会ではないこともいくつか経験できました。結局どっちもどっちですね。

yan********さん

2019/3/1209:53:09

>田舎は暖かいと誰が言ったのですか?

田舎暮らしをしたことがない連中です。

pon********さん

2019/3/1209:56:14

生粋の都会人は田舎に変な憧れがあるよね

fuk********さん

2019/3/1210:18:29

おっしゃる通りです。
私は若い頃はまあまあの都市で生活しましたが、仕事をする様になり満員電車で通勤するのが苦痛になり田舎へ帰ったのですが仕事の関係で他の県庁所在地にも住みました。
現在はド田舎に住んでいますがネットの発達した現在は田舎独特の考え方は薄らいでいる様に感じます。
まだまだ田舎根性丸出しの50代40代はいますがね。
若者が上京するのは田舎に仕事が無く、あっても個人事業主が殆どで中は何がしかの繋がりがある人がのさばっているのが現状だからです。

だからいつまで経っても田舎なんですが地元民は小さい頃からそれを見て育っているので外の世界を見ていない人が呪縛にがんじがらめになっていて適当でも生活出来るので変ろうとしないからですね。

それでやはり利口な人(視野が広い人)は井戸の外に大海原が広がっている事に気が付いて船を漕ぎ出すのです。

田舎に必要な事は違う意見を取り入れ視野を広げる事だと思いますね。

貴方の感じる冷たさは田舎人はほぼ顔見知りの為、遠慮が無いからでしょうね。
それを新入りにも同じたいどなのでそう感じるのでは無いでしょうか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

hod********さん

2019/3/1210:21:42

気候はいいかもしれないけれど、人間関係は、田舎も町も変わりないと思いますよ。

仰る通り、田舎は人口も少なく血縁地縁で動きますから、利害関係も固定化されています。何か新しいことをやるとしたら、即 損をする側と得をする側が明確になります。強硬な反対派が出現するわけですよ。

都市部なら、人口も多く、利害関係も複雑です。血縁地縁だけでなく、あらゆる要素が絡み合っているから、かえって反対派が強固になれませんね。結果として、正論・正義が勝利することが多いという構図です。

30年前、田舎に見切りをつけた若者は都市部に流出しました。当初は、働いて金をつかんだら田舎に戻る予定でしたが、その間に田舎の第一次産業は衰退し、すでに農業・漁業などで食っていくことは難しくなりつつあります。

残されたのは、息子夫婦の帰らない帰りを待つ、年老いた両親です。
10年ほど前までは、「帰省」と言う名の、盆暮れの集まりが、見られました。
今では、帰る息子・娘・孫もなく、迎えることの出来る両親もいなくなりつつあります。超高齢化でお盆やお正月の準備すらできなくなっています。

あと20年くらいで、ほとんどの田舎が廃村となると思います。

田舎は、損得勘定がダイレクトの伝わってきますからね。
人間関係は、巻き込まれないようにするしかないです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる