ここから本文です

カメラを止めるなの謎シーン(ネタバレあり!!!) カメ止めで謎なシー...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1219:49:51

カメラを止めるなの謎シーン(ネタバレあり!!!)




カメ止めで謎なシーンがあります。ネタバレします。

屋上でこうちゃんが「わー!」と叫んで落ちる?のはなぜですか?
小屋の中

で足が見切れちゃうところがありますけど、あれって誰の足ですか?ヒロインが小屋を出ようとして引き返して口を抑えてたのは特に意味はないアドリブですか?

補足足だけ映ってるのはわざとなんですね。映っちゃいけないスタッフの足が映り込んじゃったのかと思ってました。
メイクさん(嫁さん)が暴走して台本からどれだけズレたのか分かりませんが、屋上で揉み合いになってこうちゃんがワー!と叫んで画面から消えてから直後にはゾンビ化してたのは確かに気になります。足を滑らせてゾンビ化するのは変なので、やはり誰かに襲われた設定なのか…。でもメイクさんの頭に斧が刺さるのは台本通りなのかな?そもそもメイクさんがヒロインを襲うのは台本になかったことなのか…。

閲覧数:
1,187
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

num********さん

2019/3/1316:22:56

恐らくは、最初の台本では

・ヒロインが血のりを傷と間違え、メイクからゾンビ化を疑われる。

・メイクがヒロインを殺そうと斧を振り上げるが、
後ろから現れた眼鏡助監督ソンビが斧を取り上げ、メイクを殺す。
(こうちゃん役の俳優は、このシーンに納得がいかなかった)

・こうちゃんが助監督ゾンビを止めている間にヒロインは屋上へ逃げる。

・ヒロインが逃げた後、こうちゃんも助監督ゾンビから逃げるが、
この時に助監督ゾンビに噛まれてしまう。

・屋上でヒロインとこうちゃんは合流するが、
自らがゾンビ化するのを恐れたヒロインは「私から逃げて」と
こうちゃんから離れて下へ戻る。

・ヒロインは小屋へ逃げ込み、ゾンビ化に備えるが
傷が血のりだったことに気付き、屋上へと戻ろうとする。
しかし、小屋に描かれた五芒星のせいで
知らず知らずのうちに彼女に死者の魂が宿って殺人鬼化してしまう。

・助監督ゾンビ、カメラマンゾンビはまだ生き残っているので、
建物内でメイクに刺さった斧を回収して
この2体のゾンビを始末する。
(殺人鬼化しているので、容赦はない)

・しかし、屋上に戻るとこうちゃんはゾンビ化している。
(助監督ゾンビに噛まれたことはヒロインは知らない)
ヒロインは仕方なくこうちゃんを殺す

という流れだったと思われます。


しかし、メイクさんは助監督ゾンビに殺されることなく暴走し
こうちゃんが屋上で殺さざるを得ない状態になりました。
こうちゃんが助監督ゾンビに噛まれるシーンも飛ばしたので
どこかでゾンビ化しなければなりません。
仕方なく、メイクさんが暴走したのも
助監督ゾンビかマイクマンゾンビに噛まれたせいだということにして、
まだ息があったメイクゾンビが最後の力を振り絞って
こうちゃんを襲い、そのせいでゾンビになってしまった
というアドリブを演じたのではないでしょうか。


一方、小屋に逃げ込んだヒロインも、血のりを剥したはいいが
建物内のメイクに刺さっているはずの斧が屋上にあるため、
どうしようかと思い悩んでいました。
脚だけ映ったのは、監督からの指示を受けて
裏方スタッフが斧を小屋の前に置き、
彼がそのままヒロインにカンペを出せるよう
脚だけゾンビメイクをして中に入りました。
もちろん、ゾンビ化した登場人物は
こうちゃん以外は倒されていますので
本来は登場してはいけないゾンビなのですが、
ここはノリで押し切った場面です。
一応、カメラマンゾンビと助監督ゾンビは
メイクに蹴りを食らわされただけなので、死んではいないことにして
甦って入って来たという設定にはできます。


ヒロインがいったん小屋を出ようとして引き返し、口を押えていたのは、
斧がないことを気にしていてもドラマが進まないため
意を決して小屋を出ようとしたところを、誰かが近づいて来たので、
助監督ゾンビかカメラマンゾンビかと思って引き返し
声で居場所がバレないように口を押える演技をしたわけです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/19 08:10:55

これは素晴らしい考察!確かに芝居稽古シーンとかそんな感じでしたね!いろいろと納得がいきました!

「カメラを止めるなネタバレ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jpn********さん

2019/3/1301:16:38

他の質問であったのですが、足だけゾンビメイクでカンペを出した文字が「小屋の前で、オノ拾って」が「オノ捨って」と誤字をしていたから、手で笑いをこらえたのでは?ともありましたね。

それにオノは暴走したメイク役の女性のアタマに突き刺さってたのに、謎の2本目のオノとなりますしね。
また、ケイちゃん役が打ち合わせで「助監督ゾンビがオノでメイクさんのアタマを突き刺さすのは、意思ないゾンビがオノを使えるのは納得いかない」と訴えてましたから、突き刺さったオノは準備していたようですね。

ゾンビ物語の段取りでは、メイクさんのアタマに刺さったオノをヒロインが取り返す→恋人のアタマを跳ねる→監督をオノで撲殺して、原因となる五芒星の前でエンドロールなのでヒロインを狂わせたのも五芒星の仕業なのでしょうね。
けど、リハで助監督がメイクさんにオノ(ピコハンでしたが)を突き刺してますから、ヒロインの足の傷からゾンビ化すると屋上まで追い詰めたメイクさんが、助監督ゾンビにオノで殺されるのはハナシが噛み合いませんがね。
ヒロインとオノが屋上にないと、屋上でのラストシーンが成り立たないし、ゾンビが屋上の階段を登れるのか?疑問ですね。

想像するに、1度目の屋上シーンではケイちゃんが足を踏み外して落ちたとしたのでは?ないでしょうかね。

それにしてもクオリティーの低い謎の多いゾンビ物語を、ゾンビチャンネルでライブ配信するのだから???だらけですよね。

何故?ライブ放送なの?血吹雪映像で昼の1時半はイイのか?とか、助監督の腕はゾンビで噛じられて?引きちぎられた?肘は無かったからカメラマンゾンビに食われたの?しかも、切り落としホヤホヤのハズの腕が腐乱したような血色の悪い腕だったし、大量出血も無いし。
カルト監督が屋上に五芒星を描いて死者を蘇らせたようですが、生き血でもなく血ノリとはね。それに死者は?監督がカメラマンを殺した設定なのかな?とか。

細かい事を言うと、ラストの人間柱のクレーン撮影(タネ明かし映像では脚立を使ってましたが、撮影現場には必須でしょ)では、監督娘がノールックで五芒星に立つヒロインを撮影してましたからね。モニターパネル式のファインダー(物語でカメラマンの腰砕けシーンで地ベタに落ちたカメラワークではモニターパネルを使ってましたし)くらい見れば?とか。
あり得ませんよね。

kin********さん

編集あり2019/3/1220:19:20

おそらくですが、メイクさんを斧で殺してヒロインが逃げたあと、戻るとゾンビになっていたので、何かのゾンビに襲われたと考えるのがいいんじゃないでしょうか

それと、見切れた足は、スタッフさんの足で、こうちゃんや監督を殺すために斧を使わなければならないところがあり、話がおかしくならないように、『外に置いてある斧を拾って』というカンペをだしています、一応話をつなぐためにゾンビっぽいメイクをした足にしたんだと思います

そして、引き返したのもおそらくですが、シナリオ的に斧を拾うシーンがなかったため、そのカンペを出すためのスタッフさんが来たから引き返したと考えるのがいいと思います

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる