ここから本文です

レザークラフト用ミシン(職業用)でおすすめのミシン、道具、レザークラフトを1から...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1221:24:22

レザークラフト用ミシン(職業用)でおすすめのミシン、道具、レザークラフトを1から学べる本を教えて下さい。また、ミシンを購入する場合最高どのくらいの額ですか?

手縫いでもミシンでも出来るようになりたくて、本格的なレザークラフトにも挑戦したいんです。

閲覧数:
107
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tar********さん

2019/3/1222:21:53

職業用ミシンに使う針は、18番以下とそれ以上でシャンクの太さが異なります。18番針で縫えるのはポリエステルスパン糸なら20番までです。細いフィラメント糸でも8番がせいぜいです。

つまり、どの程度の太さの糸を使うかによって使えるミシンが変わってくるということです。20番手より細い糸なら職業用ミシンで大丈夫、30番手より細い糸なら家庭用ミシンでも大丈夫です(もちろん30番手の糸が合う厚さの革という前提です)。

これより太い糸を使う場合にはいくつかの手段があります。

- 革もの用の工業用ミシンを買う(新品は高いので中古を探すことになります)

- 職業用ミシンを改造する。。これは私がやっています。針棒をシャンクが太い針がつけられるように改造し、針板も改造して太い針が通るようにしています。革の縫い速度はゆっくりでよいので、職業用ミシンで十分実用になり、7mm位の厚さまでは縫えます(押さえの下に入る厚さ)。

- アンティークな家庭用ミシンをつかう。昔の家庭用ミシンは今の職業用ミシンに当たる用途だったので、金属でしっかり作られています。家庭用ミシンの針のシャンクは太さに関係なく 2mmなので、太い針が使えます。ただし、家庭用ミシン用の針には革用の針の種類が少ないです。正面釜のミシンに合うLL針しかないのがネックです。強力なモーターが付いているものは無いので、基本的には手回しで縫うことになります。


まあ、お勧めはちゃんとした革用工業用ミシンを買うことだと思いますが、出会いが無いと見つからないのですよね。

私が改造したミシンはブラザーのヌーベルクチュールで、どうせ一旦ばらすのでジャンク扱いの2000円のを買ってきて手を入れています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nis********さん

2019/3/1222:30:13

今はインターネッツがあるので、本に頼らなくてもある程度情報は集まります。ただ、私自身参考書から入り、独学でまずまずのレベルまで達成できたわけなので、参考書も非常に頼りになる存在です。
どの参考書も基本的には何かを作るための型紙、それに使う道具や扱い等載っているので、どの本を買ってもある意味1から学べます。基礎の基礎から学ぶのであれば、「はじめてのレザークラフト 」(スタジオタッククリエイティブ出版)がオススメです。私はこれで基礎を学び、作り方の順序を学びました。作りたいものがあれば、それに似た物が載っている本は殆どの場合見つかります。なので私は、本を買って作ってみてから自分なりに作りたいようにアレンジするようになりました。オリジナルのものはある程度作っていくうちに型紙から作れるようになります。

ミシンについては、ミシンは高額なので中々手が出しづらく、こう言った専門知識を要する機械を扱うのが苦手なので分かりません。が、ミシン屋に行って色々聞いてみたり、あとはレザークラフトのミシンについての参考書などもあるので、そちらを購入してから考えてみてもいいと思います。職業用か工業用ミシンになると思います。安くても3、4万〜からじゃないでしょうか。イメージですが。レザークラフトでは、「安物買いの銭失い」という言葉が非常に当てはまるので、注意が必要です。「本格的」に始めるのであればなおさらだと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる