ここから本文です

1945年8月16日にアメリカは京都に原爆を落とそうとしたって本当ですか?8月14日の...

cim********さん

2019/3/1307:28:30

1945年8月16日にアメリカは京都に原爆を落とそうとしたって本当ですか?8月14日の名古屋の空襲のに京都を通過してパンプキン爆弾を落としているのですが。

閲覧数:
58
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2019/3/1309:26:53

京都が原爆投下の目標から外されたのは1945年6月14日だから、むしろ投下目標で無くなったのでパンプキンの練習に使われたわけで。

3発目の可能性があったのは、小倉・新潟・横浜だった。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

new********さん

2019/3/1409:08:50

本当ですよ。日本のほとんどの都市は焼夷弾で焼き尽くして
いましたから、原爆という新型兵器の実験場としてそれまで
温存しておいた京都は、原爆の破壊力を調べるのには格好の
場所地でした。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-405.html

cor********さん

2019/3/1309:57:24

アメリカは1945年3月、原爆を完成させることに成功しました。数千人の学者を中心に20万人が動員され、20億ドルという巨費が注ぎ込まれましたが、製造された原爆は3発しかありませんでした。
原爆は兵器であり、周到な実験や準備を行ったあとでなければ、実践に使うことはできません。
完成した原爆の1発目は、1945年7月16日午前5時29分、ニューメキシコの砂漠行われた核実験に使われ、期待通り人類初の核兵器が爆発し、核実験は成功しました。
2発目は1945年8月6日午前8時16分、B29によって運ばれ、広島上空で爆発し、一瞬にして広島市民25万5000人のうち、13万5000人を死傷させました。
3発目は1945年8月9日午前11時2分、長崎上空で爆発し、長崎市民19万5000人のうち、6万4000人を死傷させました。
1945年8月16日には、3発の原爆を使い切ったアメリカは原爆を1発も保有していませんでした。もう、どこにも原爆を落とすことはできませんでしたので、京都に原爆を落とそうとしたというのは本当ではありません。
ただ、2発目3発目の投下目標を決定する際に、東京、京都、横浜、小倉、新潟などが候補地に含まれていたことは事実で、最終的に広島、小倉、長崎の順で決まりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる