ここから本文です

判事が反天皇制活動で問題になっています。裁判所法で政治運動を禁止していますが...

kir********さん

2019/3/1313:36:35

判事が反天皇制活動で問題になっています。裁判所法で政治運動を禁止していますが、この場合

・憲法で認められている言論・思想の自由と裁判所法では裁判所法の遵守が優先になるのですか?

・そもそも天皇は政治と切り離した存在なのに、反天皇制運動は政治活動になるのですか?
(首相任命で儀式的に天皇が任命するから、政治に関係あるとして政治運動になるってこと?)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6316891

閲覧数:
51
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sei********さん

2019/3/1314:16:15

今は「橋〇徹」のように在日でも弁護士になれる時代。法曹界にもかなり、在日が入り込んでいる。なので、そのような輩は排除しないといけないですね。区別しないと。ここは日本国ですから。日本国の憲法・法を遵守してもらんといけません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/13 21:11:12

ご回答ありがとうございました。
ちょっとまだ聞きたいことがあるので、以下の質問立てました。
よろしくお願いいたします。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q102048523...

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hyu********さん

2019/3/1314:27:44

裁判所法は、言論の自由を侵しているのではなく、言論活動を制限しているだけ。
教員が政治的中立を求められているのと同じ。

天皇制に反対することは日本国憲法に定められた政体・国体に反対しているのだから政治活動。

aki********さん

2019/3/1314:12:54

他人の思想の自由を守らないといけない立場の人間だから、自分の思想の自由でそれをゆがめていると誤解されるような行動を慎めと言う話。

har********さん

2019/3/1313:58:57

言論・思想の自由と言っても、限度はあると思いますよ。個人の権利は無制限では無い。又、「政治と切り離されている」とは、天皇が政治に対して口を挟めないという事なだけで、先般の皇室典範改正など、充分に政治的な問題であり、この活動は政治活動になります。又、判事は法に照らして裁く仕事だから、その法の在り方に影響を与える活動は出来ないって事だと思う。これを許せば、判事が法を変更する事に影響を与えた上で、判事が自由な裁量を行える事になってしまう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる