ここから本文です

小説の電子書籍が少ないのは何故でしょうか。

don********さん

2019/3/1318:27:57

小説の電子書籍が少ないのは何故でしょうか。

紙を刷った方が利益があるのでしょうか。

最近、無料の名作文学を電子書籍に入れて読んでみたのですが、
電子書籍は「入れておけばオフラインで読める、片手で読み進めることができる、気になった場所に自由にマーカーやメモができる、尚且つかさばらない、好きな作品を常時携帯できる」と、とても使いやすいものだと感じました。
自分は紙の本への書き込みや常時携帯ということをしないので、それが可能な電子書籍を欲しい、紙とは別に持っていたいと思い好きな本を検索したけれどありませんでした。
もし作品が紙と同じように出版されれば、読者は、買うことが手軽になったり、関連や宣伝から新たなものを見つけやすくなると思います。

スマホやタブレットと一緒に生まれたはずの、電子書籍が何故こんなに発展していないのでしょうか。また、何故漫画はこれほどに多いのに、小説は全くないのでしょうか。

閲覧数:
86
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2019/3/1715:51:52

紙の本は最低でも3000部単位でないと1冊あたりの単価が高くなりすぎます。配本、在庫などのコストもかかり、作家の知名度と出版社の手持ちの広告媒体(雑誌など)を総動員してハイリスク、ハイリターンなビジネスを仕掛けます。

新人賞などのイベントもその一環という側面があります。

電子出版はそういった前提を覆します。なにしろ在庫リスクがゼロですから。
そのぶん、成功すれば作家は従来の数倍の印税収入を得ることができます。私の個人的な印象ですが、現在はこの革命の端緒にあたる時期だと…既存のシステムで潤っている人たちは抵抗勢力となります。出版社のイベントなどを仕掛けている編集者、営業担当など、出版社の資本力をバックに筆者との人間関係を築いている人たちがその抵抗勢力であり、彼らの頭には失業という文字がチラついています。

一方、コミック本はちょっとしたシリーズものでも猛烈に場所を取りますので、流通、在庫も小説とはけた違いに電子化のモチベーションが大きくなります。

それで、現状はコミック本の電子化が先行していると考えて間違いないでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kyu********さん

2019/3/1323:37:58

漫画より小説のほうが電子化するのに手間がかかる。
電子書籍の売り上げの8割は漫画である。
小説の電子書籍は手間とコストがかかる割に売れない。

syo********さん

2019/3/1322:47:19

質問者さんやお友だちが
もっともっと有料の電子書籍をたくさん買ってくれたなら、
もっと電子化される小説本は増えます。

理由はいろいろあるけど、大きいのは「金の問題」。
紙を電子にするのって手間がかかる(版権からんでるのは特に……)わりに、電子書籍って意外と売れてないのです。というのも、まずスマートフォンやパソコンを持ってないお子さんは電子書籍買えないし、クレジットカードや自動引き落としなどの決済手段を持ってない学生さんも電子書籍買えないんですよね。電子機器が苦手なおじいちゃんおばあちゃんも買えない。
紙の本だったら、お小遣いためたお子さんから学生さん、お年寄りまで買えるじゃないですか。でも電子書籍はまだまだそうじゃない。つまり買ってくれる人がまだまだ少なくてお金にならんのです。
お金にならないってことは、電子書籍専門の人員を雇うことができないってことです。紙の本を作るのでへとへとになってる出版社や下請けの人が電子書籍の配信作業もやってるのです(これは会社によるけど……)。だからヘトヘト具合がすごいと、ついつい電子書籍の配信は後回し……ってそれワシやで……。

そんなわけで、電子書籍の魅力を知ってる質問者さんがもっともっとたくさん本を買ってくれるとうれしいです。そしてお友だちにも電子書籍の良さを広めてあげてくれるとうれしいです。もっともっと買う人が増えれば出版社にお金が入って、人を雇う余裕もできて、配信できる点数も増えるから……。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

esq********さん

2019/3/1322:26:34

音楽配信の様にまだ日本では電子書籍に否定的な(コピペが容易に出来るなど)著者が多い
のが理由の一つだと言われてます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

adg********さん

2019/3/1319:45:01

多数の小説が、電子書籍になっています。
良く売れている小説は、最新作以外は、電子化されています。

しかし、コミックと比べると、小説が、電子書籍化される比率が低く、タイミングが遅いのは、確かにそうですよね。

市場規模として、コミックの方がずっと大きいので、コミックの電子書籍の利便性が先に進んでいくのは、しかたがないことですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる