関ヶ原の後 江戸幕府を家康が開いた後すぐに 強引に豊臣家と戦を始めたら 他の大名はどう動きますか? 家康がそんなことをしないのは 分かってます。

日本史107閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(7件)

0

家康は豊臣家と戦った訳ではありません、何故なら秀吉の正室、於禰の方が家康の許にいたのです、大阪城にいたのは秀吉が跡継ぎとした秀頼の母と言っても側室於茶の方、別称淀君、だから大阪の陣は正室対側室の内輪もめ、家康としては正室於禰に味方するという大義名分があった訳です、だから家康は絶対優性の切り札を握ってるわけでそれを出されたら豊臣恩顧の大名も従属しなければならなかったでしょう

0

豊臣恩顧も秀頼へ味方しないでしょうね そもそも慶長6年正月の年頭礼に、正則も清正なども秀頼へ伺候していません すでに、家康からの論功行賞で「御恩と奉公」が発生していますから

0

流石に関ヶ原で味方した黒田福島加藤池田前田ら豊臣恩顧・旧織田家臣は豊臣に味方すると考えられます。彼らは関ヶ原後に国持大名になっているので結集するとかなりの勢力になります。 いくら歴戦の戦上手の家康でも彼らを相手に事を構えるのは無謀です。

0

関ヶ原で決着が付いているので家康に従ったでしょう。

0

関ヶ原で東軍に味方した太閤恩顧の大名は黙ってないと思います。 特に加藤清正や福島正則は家康を許さないです。 浅野幸長にしても家康に不信感を抱き江戸幕府は混乱を招くことになりそうです。 黒田長政、藤堂高虎、細川忠興あたりは豊臣家を見限ってたので家康に従います。 土佐20万石に出世した山内一豊も同じく家康に忠誠を誓ったので豊臣に味方することはありません。 上杉、毛利、島津にしても関ヶ原で懲りたのでもう家康に逆らう事はしないでしょうね。 不気味なのは伊達政宗が様子を伺ってどう動くかですね。