ここから本文です

この契約は違法でしょうか? 自由設計の住宅を購入しました。 土地と建物のセ...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1508:31:26

この契約は違法でしょうか?

自由設計の住宅を購入しました。
土地と建物のセットですが、建築条件付きとの表記はなく自由設計との表記です。

重要事項説明を受けた同日に不動産売買契約

書と建設請負契約書に判を押し、土地と建物の購入契約をしました。

ここまでが先月のことで、現在は間取りが確定し建築確認申請を出しているところなんですが...

騙されているような感じがして不安になっています。

標準仕様の見積もり書などもなく建物の内訳も分からず。
標準仕様と聞いていた仕様がオプション扱いに変わっていたり。
ショールームを見に行って初めて標準仕様が別のものに変わっていることが分かったり。

仕様書はありますが金額は書いていません。
仕様書自体の日付も一昨年で作成されており意味が分かりません。

いちいち仲介業者を通して話をしているので返事は遅いしで色々不信感が重なっています。

そもそも同日に不動産売買契約書と建設請負契約書を契約させるのは違法なのでは?と思うようになり...

素人なのでまったく分からず
仲介業者に聞いても頼りにならず。
こんなもんなんでしょうか。

自由設計なんて購入するんじゃなかったです。

閲覧数:
77
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hyu********さん

2019/3/1510:35:36

土地建物セット販売と建築条件付き分譲とは別物です。

自由設計のセット販売は建売と同じです。
当然、同時契約になります。

セット販売の建物は標準仕様による坪単価(㎡単価)での契約になります。
なので、仕様書には個別の単価表記はありませんし、オプション等がなければ見積書(追加料金書)も作成しません。
仕様書は住宅設備(キッチン等)メーカーが廃版にすれば変更しますが、変更がなければ2~3年はそのまま使用するので一昨年のものだから意味がないということもありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

sil********さん

2019/3/1509:17:57

なぜその日に契約してしまったのでしょう?
本来なら契約前にある程度の要望を元に仮見積りを出して、それで合意であれば契約、その後本格的な設計と見積りなど打合せです。

先に契約するのはどうしてもその土地が良いなど買い急ぎで建物は幾らになっても構わないという人が先に契約を済ませてしまい、後から設計見積りの値段を支払う事で合意したと業者側は思っていますよ。
なので言われるがままその日に契約をしてしまったのは主にも問題があると言わざる得ないです。

ただ全て仲介を通した話と言うのは少しおかしいですね。自由設計なら設計内容に齟齬が出ないように設計士との打合せを設ける筈ですが。当然設計料も発生するはずですし。自由設計と言う名の概要設計の可能性はありますね。
自由設計とは完全に自分で好きに設計要望を伝え、それを設計士が作図して見せて大まかな図案が出来たら今度は使う材料などの打合せに入るというものです。要望が建築基準に反する場合もあるので必ず設計士と直で行う。具体的には「トイレは3つ」ではなく、「トイレは3つで一つはここ、もう一つはここで、ここに残り一つ」「後はここは隠し扉にして」「この部屋は防音にしたい」というような細かい設計が出来る物です。なので設計士との打合せは必須です。
概要設計は大まかな要望を元に業者が設計してしまう物です。なので詳細が解りづらく、出来てみたら何か違うというような場合が多い。

違法かどうかは流石に契約内容や経緯、提示されていた資料、内容など様々な物が関わってくるので一概に言えません。
資料など簡潔に纏めて、弁護士相談された方が確実だと思います。
何処か一つでも違法な部分があればそれを元に契約の無効は主張出来ますのでとりあえず簡潔に纏めた資料をもって弁護士相談に伺う事をオススメします。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ten********さん

2019/3/1509:08:18

クロ(違法行為)に近いグレーです。

建築条件付きの場合でも、土地契約と建物請負契約の同時契約についてはしないように指導しています。トラブルが多いからです。

建築条件付きとの違いは、建物請負者があなたの希望だったのか、自由に選べたのか、です。

建築条件付きの場合、建物請負者は、売主又は売主が指定したものと特定されます。
この契約の請負者が売主から指定されていたなら、建築条件付きの契約となります。

建築条件付きの場合、土地契約後3ヶ月内に建物請負契約ができなければ契約白紙条項が付加されますが、土地建物の同時契約をしたので白紙条項が除外され、売主のリスクが回避されたことになります。
逆に、買主のリスクが増えたことにもなります。

常識ある不動産会社なら、こんな契約はしません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tor********さん

2019/3/1508:40:10

まず、本契約したら仲介業者ではなく売主に直接聞くべきです。仲介屋は契約成立したらあまり親身にはなりません。金額の前後はどこの不動産売買でも起こりますが支払い総額が大幅に上がった場合は生活自体が困窮する人もいるの気をつけてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる