ここから本文です

ローマ帝国がローマからコンスタンティノープルに遷都した理由ってフン族やアラブ...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1709:35:10

ローマ帝国がローマからコンスタンティノープルに遷都した理由ってフン族やアラブ人の侵略に備えるためという理由も考えられるのでしょうか?

閲覧数:
29
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2019/3/1712:51:23

フン族やアラブ勢力と言うよりもそのころの脅威はササン朝ペルシャ。それに対する防御が第一。
それとローマが退廃の極みを見せ、どっちみち滅びかねないほど腐敗堕落していた。
コンスタンティヌスより以前にディオクレティアヌスによりオリエント的専制国家の要素が帝国にも導入されたので、ビザンティウムは遷都にもってこいの場所だった。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sun********さん

2019/3/1711:24:16

ウィキペディアの「ローマ帝国」の項には「コンスタンティヌス1世は専制君主制の確立につとめる一方、東のサーサーン朝ペルシアの攻撃に備えるため、330年に交易ルートの要衝ビュザンティオン(ビザンティウム。現在のトルコ領イスタンブール)に遷都して国の立て直しを図った」とあります。

同様に、平凡社大百科事典の「コンスタンティヌス1世」の項には「すでに3世紀からローマ市の首都としての意味は失われており,人口のうえからも文化・経済上の理由からも帝国の中心は東方ギリシア世界に傾いていた。コンスタンティヌスが小アジアのビュザンティオンに新都を建設したのは,このような趨勢を踏まえて理解されるべきであり,また東方ペルシアの脅威への配慮と,伝統宗教の根強いローマから離れてキリスト教を中心とした新都の建設をめざしたことも考えられる。」とあります。

遷都が330年ですが、フン族がヨーロッパに脅威を与え始めるのはもう少しあとの東西分裂の後、アラブ人がまとまるのはイスラム教成立以後なのでさらに後と思われます。当時の脅威はペルシャだったはずです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる