ここから本文です

破産者マップに関して質問です。 破産者の情報がグーグルマップに乗ったとのこと...

rir********さん

2019/3/1812:18:22

破産者マップに関して質問です。
破産者の情報がグーグルマップに乗ったとのことで大きな問題になってますが、
例えば国が公開している情報を編集して公開することは違法なのですか?

また、編集したものを公開して利益を得ることは違法ですか?

閲覧数:
414
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

opt********さん

2019/3/2118:13:12

「破産者マップ」は、個人情報保護委員会から、個人情報保護法に違反する恐れがあるとの指摘を受けて閉鎖したようです。
「個人情報取扱事業者」には、個人データの提供前に本人の同意を得る義務などがあり、それは官報掲載情報であっても同じだからです。

つまり、「個人情報取扱事業者」に該当しない、一個人として公表したり、それによって利益を得たりしても、個人情報保護法違反とはならないでしょう。
公知の情報はプライバシー情報には含まれないとされることから、損害賠償請求も難しいと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nul********さん

2019/3/2014:19:41

それが違法となると

犯罪者の情報を報道することも違法になります。

今回破産者マップを閉鎖させた処置も
法的根拠がどの程度あるのか疑問。

まだ国内だったから対処できたけど
海外サイトだったら手も足も出なかったでしょうね。

というか多分海外サイトでその内復活するでしょう。

もっとも、
破産者の情報を欲している人は
官報の掲載情報などストックしているでしょうから
わざわざネットに公開するほどの手間暇をかける価値があるのかは謎ですが。

つまり利益なんてないのに悪意だけで公表しているのであれば
そういう見方で違法と言えるかもしれません。

しかし情報の公開自体を違法とするのは
裁判レベルではかなり厳しいのではないでしょうか。

犯罪者についての警察発表や報道内容を二次的に掲載しているサイトも
厳密に言えば名誉毀損に問われるわけですから違法なはずですが、
それを問題視されることはないでしょ。

破産者についても事情は似たようなものかと。

vza********さん

2019/3/1913:11:28

破産者マップの運営者と漫画村が似ているそうです。
http://g1jp.com/bankruptcy-map/

ind********さん

2019/3/1911:15:28

弁護士の間でも意見が分かれると思いますが、今回の件では違法であるという方が多いようですね。

『個人情報の保護に関する法律』に私は該当すると思います。
官報は書店で扱っているものではなく不特定多数の方が見るものではありませんが、ネット上では誰でも見ることができます。
官報はその時にしか情報が載っていませんので個人を調べることは容易ではありませんが、今回は容易に隣人の事まで調べることができました。

インターネット版官報の『ご利用に当たって』を見るとわかりますが、著作権がある事・利用についての注意があります。
該当する項目があると思われます。


『官報に掲載された破産者情報を公然と摘示した場合、名誉毀損やプライバシーの侵害になりますか?』
弁護士ドットコムと言うサイトでされたかなり前の質問ですが、「なる」と言う回答を2名の弁護士さんがされています。


>国が公開している情報を編集して公開することは違法なのですか?
また、編集したものを公開して利益を得ることは違法ですか?

弁護士である身内は現在海外におり直接確認はできませんので、確実な回答ではありませんが。
そのデータを利用する事に注意書きがないのであれば違法ではないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる