ここから本文です

シロギス用投げ竿について。初心者質問です。シロギス専用の投げ竿には、23号や30...

uki********さん

2019/3/1823:11:10

シロギス用投げ竿について。初心者質問です。シロギス専用の投げ竿には、23号や30号といった硬さがありますが、これは投げるオモリの重さの目安だと思います。

当然、23号より30号の方が硬いと思うのですが、魚のアタリは柔らかいほうが取りやすいのですか?
竿を選ぶ際に、あまり遠投をしないなら柔らかい方を選んだほうがいいのでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ありませんが、教えてください。よろしくお願いします。

閲覧数:
55
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaw********さん

2019/3/1823:29:56

まあ、概ねその通りです。
貴方の質問文をベースに回答するなら、「23号より30号の方が硬いとけど、魚のアタリを弾き易いというわけではない=柔らかいほうが取りやすい」というわけではない。次に初心者または余り遠投をしないなら柔らかい方を選んだほうがいいというのは正解。

先ずは「初心者または余り遠投をしないなら柔らかい方を選んだほうがいい」という件に関して。遠投が可能なロッドは、ロッドの素材であるカーボンの弾性が高く反発力が強いので、キャストした際にラインをリリースするタイミングが一瞬なので、釣りに不慣れな初心者には扱いきれません。初心者には、値段が安いロッドの方がカーボンの弾性が低く反発力が弱いので、キャストの際のリリースポイントの幅が広くて扱い易いです。投げ釣りのロッドには継竿と振り出しの2種類あり、将来的にはきちんと投げ方もマスターして遠投にも挑みたいという向上心があるなら継竿。手軽に楽しみたいだけというなら振り出し竿がお勧めです。

次ぎに「23号より30号の方が硬いと思うのですが、魚のアタリは柔らかいほうが取りやすいのですか?」に対してですが、同じ商品であるなら、その通りです。値段が違うなら、値段が高い商品の方が弾性が高い分だけ硬く感じますし飛距離がでます。さらに弾性が高いのでアタリが鮮明で釣果アップに繋がります。なので「魚のアタリは柔らかいほうが取りやすい」というのは間違い。魚のアタリを取り易いのは値段が高い竿=カーボン弾性が高いorカーボン含有率の高い竿ということです。感度を重視したいなら振り出し竿ではなく継竿になります。

とりあえず投げ釣りというものを理解したいと考えるなら継竿。単純に釣りして楽しみたいだけなら振り出し竿の方が安価ですし携帯に便利で扱いやすいです。

  • 質問者

    uki********さん

    2019/3/1900:05:23

    詳しい説明ありがとうございます。
    弾性が関わってくるのですね。私は、男性に比べると身長も力もないので、4メートルの投げ竿はうまく投げれません。ですので、短くて軽いオモリを使っているのですが、砂浜でもう少し飛ばせるようにしたいと思っていろいろ考えていました。そもそも高級な竿の高反発素材とかの特性を出すほどのことはできないと思います…。参考になりました♪

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/19 10:20:23

何ごとも試してみないとわかりませんが、本質的なことが少し見えてきたので、試す方向性が定まりました。ありがとうございました♪

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる