ここから本文です

クラリネットのバレルやベルを交換して得られる効果とはどのようなものでしょうか...

mei********さん

2019/3/1901:00:02

クラリネットのバレルやベルを交換して得られる効果とはどのようなものでしょうか?
クラリネットは、クランポンのR13を吹いています。

閲覧数:
66
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

cla********さん

2019/3/1903:04:24

こんにちは

クラリネットは、元々はリコーダーのような先細りの内径で生まれて改良されてきましたが、クラリネットが物産博覧会で1等賞を取ってから、アメリカからの引き合いがあるのですが、注文を受けるのには問題がありました(-.-;
それは、フランスとアメリカでは基準ピッチが違いフランスでは使えない低いピッチ(A=440Hz)のクラリネットを高いピッチのライン(A=442Hz)で作らなければならないし、変動する注文量に対して、出来るだけどっちのピッチにも代えられるデザインが求められたんです(^-^;
そんな状況の中で天才工匠のロベール・カレさんがフランスピッチのデザインのまま、内径の形状を替えるだけでアメリカンピッチに対応できるデザインに成功します(@@;
それをポリシリンドリカル・ボアといいます。
これが大成功して注文バブルが起きてバックオーダーをいっぱい抱えて、アメリカのエージェントから納期の催促が毎日あって「最終工程のR-13になってるから、もうじき出荷できるよ」ってフランス語で返事したことが名前の由来とビュッフェ・クランポン日本の社長さんがいってました(^-^;
13という数字はヨーロッパでもアメリカでも不吉な番号、そんなものを名前にするわけ無いじゃんって!
話がズレたけど、理想的な状態で生まれたわけではないR-13ですが、いろいろとピッチの点で無理が見つかって出てきました。
例えば第1間のファを吹きながらレジスターキーを操作して12度上に上がるとピッチが上がり過ぎてしまう(全部の音じゃなくてスロート音域と12度上の比較)これを改善しようとしたのがメーニッヒバレルとチャルダッシュ(ハダッシュ)バレル、Sバレル(^^)

だけどメーニッヒバレルは、音色が太く柔らかに変わりすぎてR-13の魅力ある音が失われヤ○ハのSoV-mostooみたいになってしまう(個人的な感想です)のが、やり過ぎだよ~って思ったハダッシュさんがデザインしたのがチャルダッシュ(ハダッシュ)バレルとのことです(by The Clarinet ハダッシュさんへのインタビュー記事より

なので、メーカーはR-13以外にも効果があるというけれど、バレルは楽器の一部なので安易なチェンジはお勧めしませんm(__)m

  • 質問者

    mei********さん

    2019/3/1907:11:36

    返信ありがとうございます。詳しい説明で、良く理解出来ました。バレルの種類により音色がかなり変わる事が判りました。目指す音色のイメージに近いバレルを一度の試奏で「これだ。」と判れば嬉しいのですが。また、ベルの交換についての言及がありませんので、こちらについては効果が見込めない若しくは効果は薄いということで理解して良いということですね。変わるのは見た目だけなのかと少しがっかりです。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/19 13:42:47

踏み込んでアドバイス頂きました。ありがとうございます。自分の実力を越えたチャレンジかもですが、やらないで後悔するよりやったあとで後悔する方を選択します。バカですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nyo********さん

2019/3/1913:02:12

バレル
長さは全体のピッチに影響します。長くなれば低く、短くなれば高く。
ボアのテーパーはストレートを基準とした場合、ベルに向かって広がるテーパーはスローと音程と高音域の音程が高くなります。ベルに向かって細くなるテーパーはスロートと高音域の音程を下げます。
音色はストレートを基準とした場合は広がるテーパーはダークな傾向、細くなるテーパーはライトな傾向。
外見はバレル状のシェイプを基準にした場合、細身はライトな音色でフレキシブル吹奏感、重心が下にある(下側が膨らんだ形状)はしっかりした感じの音色で安定した吹奏感。

ベル
ボアの形状が音程に影響します。特にE/B。ベルのボアに窪みがあるタイプのベルは最低音Eのピッチを上げて、Bのピッチを下げます。最近はヤマハ YCL450にも採用されています。
ボアの形状は昔はストレートに均等に広がるベルもありましたが、今は金管楽器のベルのように広がっていてあまり形状に大差ありません。


他に補強環の有無や補強環の材質、バレルやベル自体の材質など音色や吹奏感を変える要素があります。

音程は物理現象なのではっきりと言えますが、音色はマウスピース、リード、楽器本体、そして奏者の要素があるので傾向と捉えて、あとは実際に演奏して自分で確認してください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

boy********さん

2019/3/1909:04:24

一般的には,音色やレスポンスが変わると言われています.バレルに関しては,ピッチバランスも変わるそうです.個人的な意見ですが,音色やレスポンスを左右するのは,楽器の上流にあるものほど影響力が大きいです.入り口にマウスピースとリードがあって,リガチャー,バレル,上管,下管,ベルの順ですから,音色への影響力もその順ってことです.実は,マウスピースより上流に演奏者がいます.

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kin********さん

2019/3/1906:57:36

お仲間がいるでしょう?
ちょいと借りてつけてみれば?

固かったら無理はしないで。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる