ここから本文です

高校の選択科目(芸術)について。 私は将来、学芸員になりたいのですが、音楽と美...

アバター

ID非公開さん

2019/3/1910:50:48

高校の選択科目(芸術)について。
私は将来、学芸員になりたいのですが、音楽と美術ではどちらの科目を選ぶのがおすすめでしょうか?
左利きで苦手なので書道は除外しています

閲覧数:
79
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2019/3/1922:45:51

学芸員の正規採用はたぶん日本中合わせても年間100名に足りません。

しかも募集は細分化されています。資格があるだけで就職出来るようなものではありません

一つの例ですが、博物館等が考古学関係の学芸員を募集する場合
・最低でも大学院修士もしくは博士課程にて考古学を専攻していること
・これまでに学術論文を一定数発表していること
・そのうち何本かが学術誌に掲載されていること
・発掘調査に関わっていること、またそのまとめ等を論文として発表していること

等の応募条件がつきます。

仮に文学部日本史専攻であっても、中世荘園の研究をしている場合応募資格がありません。

要は学芸員は研究者です。この例では考古学の研究者でなければ応募資格がありませんし、他の募集の例でも以上のような細かい条件がつきます。

あと高校で何を選択するかなどは将来的に全く関係しません

アバター

質問した人からのコメント

2019/3/24 11:34:19

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lin********さん

2019/3/2104:14:21

もし、本当に美術館学芸員などに関心があれば、自然と美術を選択したくなるのではないでしょうか?

音楽を将来的なもので考えると、声楽科など音大に行きたいとか、オーケストラ楽団に入りたいという話になり、博物館や美術館とは関係ないですからね。

将来に関係ないとしても、学芸員になりたがるような人が集まるのは美術だと思いますよ。

油絵で隣の学生の絵を描いてくださいとか、そんな課題になると思います。
画材は多少お金かかりますが、授業時間内に仕上げるところがほとんどなので、負担にはならないでしょう。

音楽は楽器が苦手な人には苦行です。
それに歌を歌うことは、目や鼻に少し病気のある人の場合は、体によくないですね。
ドラムなど、頭を多少フルような行為も、脳に損傷などのリスクがあるとされています。
激しく頭をふるドラマーは、脳溢血などで20代30代で病死する人が多いです。
あと、いわゆるバンギャルも。

dow********さん

2019/3/1915:51:05

お好きな方でどうぞ。
高校の芸術科目は学芸員に直結していませんから、どちらを選ばれても大丈夫です。

ebi********さん

2019/3/1911:44:35

高校の選択科目での「芸術」は、どれを選んでも将来の「職業」とは何ら関係のないレベル。
この時間はまあ一種の息抜き。
授業に出席して、作品を出来がどうであろうと提出さえしていれば、それで単位は取れる。

将来「学芸員」の仕事、とこの科目はそんなに関係は無いですよ。
あなたのより得意で好きなものを選んだらいかがですか。

より負担の少ないものは「音楽」ですよね。
「美術」は「作品」を仕上げなければなりませんが、音楽は、ただ歌っているだけですからね。
よほど音楽が苦手でなければ、音楽が「楽」ですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる