ここから本文です

キリスト教のびっくりする教えはありませんか?

jes********さん

2019/3/1911:04:34

キリスト教のびっくりする教えはありませんか?

キリスト教徒以外の方に回答をお願いします。

私がキリスト教に興味が出たのは、
キリスト教徒が、どうやら、本気でマリアの処女懐胎を信じているとわかった時でした。
仏教徒は、「お釈迦様は、生まれたらすぐに7歩歩いて、天上天下唯我独尊と言った。」という話を知ってはいても、信じていません。わざわざ否定もしません。伝説であるということは言わなくてもわかるからです。
だから、マリアの処女懐胎を本気で信じているということに気が付くまで随分時間がかかりました。
最初は、伝説だという事が共通認識で、信じたふりをすることがマナーだと思って、信じたふりをしていましたが、途中で、本当は信じていないことがばれて、激怒されて初めてわかりました。

それから、どうやら、創造論も本気で信じているということもわかり、さらに興味がわきました。日本神話の国生み物語など、神主さんも、信じていないでしょう。

もう、キリスト教が何を信じていても驚きません。

地球平面教会もキリスト教の団体だし。
魔女狩りも聖書の教えだし。
地動説だって、認めるまで、長い年月と長い宗教裁判のやり直しが必要だったし。

もう、何を聞いても驚かないつもりだったのですが。
今回は、驚きました。
なんと、人殺しで強盗のバラバ・イエスと、救世主のナザレのイエスが同一人物だというのです。これを別人だと言うと、「大丈夫ですか?ご病気ですか?」と言われます。
つまり、イエスは、バラバ・イエスとナザレのイエスに分身し、片方で、強盗殺人を犯し、片方で人助けをしていたというのです。
キリスト教が、片方で愛を説き、片方で戦争を行う。まさに、それですね。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142048780...
これが証拠。

ちなみに、
バラバ・イエスは、ナザレのイエスと一緒に十字架にかけられる予定でしたが、結局、釈放された人で、福音書のクライマックスの登場人物なので、キリスト教徒で知らない人はいないと思います。
「マタイ27-17 ピラトは、人々が集まって来たときに言った。「どちらを釈放してほしいのか。バラバ・イエスか。それともメシアといわれるイエスか。(新共同訳)」

バラバ・イエスとナザレのイエスが同一人物だとはさすがに驚きでした。

さて、質問ですが、このように、キリスト教徒に言われて、驚いたことを教えて下さい。

今度こそ、何を聞いても驚きません。

キリスト教の方は、回答しないで下さい。
キリスト教の方にとっては、あたりまえの事でしょうから。
キリスト教以外の方の耳で聞いたことが知りたいのです。

閲覧数:
315
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

h0q********さん

2019/3/1921:35:14

・イエスは無精子で聖霊によって妊娠したマリアから生まれた。
・イエスは水の上を歩いたり嵐を鎮めたり
何もない所から沢山の飲食物を出したりする魔法使いのようである。
(宗教的病気治しは、超能力ではなく治してもらえるという病人側の期待感そのものが病人の体に与えるポジティブな影響を与えるものなので、病気癒しのようなもののいくつかは、本当にあったのだろうと思っています。)
・イエスは神の唯一の子である。
・イエスはキリスト(救い主)である。
・イエスの処刑死は人類の罪の贖い行為である。
・イエスをキリスト(救い主)であると信じるものは救われる。

似たような話しはイエスのずっと前からいくつかあります。
・BC3000年頃、エジプト神話のホルスは、処女イシス・メリーから生まれる。東方から星が現れ、3人の王が祝いに駆けつけ新しい救世主として崇拝した。12歳で天才児として教育者となり、30歳でアナブによって洗礼を受け、聖職活動を始めた。12人の使途と旅を共にし、病を治したり水の上を歩くなどの奇跡をおこした。ホルスは多くの名前で知られていた。真実、光、神の子、よき羊飼いなど。タイフォンに裏切られた後、十字架に張り付けられ埋葬されたが、3日後に生き返った。
・BC1200年頃、ペルシアのミトラは、12月25日、処女から生まれた。12人の弟子をもち奇跡を起こした。死亡して埋葬された3日後に復活した。彼は、真実、光、などの呼び名を持っていた。神聖な崇拝は日曜だった。
・BC900年頃、インド神話のヒンドゥー教のクリシュナは、処女デーヴァキーから誕生。東方に輝く星が出現した。弟子達と数多の奇跡を起こし死亡した後、復活。

  • h0q********さん

    2019/3/2007:18:26

    殺人が神の命令となる教えであること。
    ・旧約聖書の神はモーセとヨシュアに殺人と略奪を命令し、彼らはその命令に従順にしたがって、殺人と略奪を行っています。
    ・新約聖書「ヨハネの黙示録」の<未来のキリスト>の姿は、人々を、剣で殺して行ったり火と硫黄の中に投げ込んで行ったりする軍神「王の王」です。
    「自分たちの教えに反逆する者は、最終的に殺されて当然、神の目から見て正しい、とする教え」です。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/3/22 00:53:33

勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

twe********さん

2019/3/1911:13:08

あなたのよーなバ○な人がいる、ってきーておどろいたけど、いまここにほんとにいて、さらにおどろいたぁ(・o・)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

chi********さん

2019/3/1911:15:18

キリスト教のことをわざわざキリスト教徒以外の方に聞くんじゃない。アホか。
この質問今すぐ取り消せ

mak********さん

2019/3/1911:21:07

神様は分け隔てることなく、すべての人を愛しています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

goz********さん

2019/3/1913:23:37

イエス様も、キレるときはキレる。

「バラバ・イエスとナザレのイエスが同一人物」

これ違いますよ。当時イエスって名前は割とポピュラーな名前だったようです。昔話の、ごんべえさん。みたいな。英語だと、違いを表現するために。バラバはジョシュア、イエス様はジーザスで書き分けられています。

バラバ・イエスは釈放された方の、本当の悪党のイエスで。十字架にかかったのが、神の子、ナザレのイエスです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

joh********さん

2019/3/1915:31:38

キリスト教の本来の教えとして『偶像崇拝の禁』があります。

これは神は只一つ、それ以外の者を崇めてはいけないというもので、誤解されがちなのはこの偶像に中るのは他教の神だけではなく『天使信仰』も『マリア信仰』も『キリスト信仰』も偶像崇拝として禁じられています。

そう、キリスト信仰は神に対する冒涜なのです。

ですので知恵袋でよく見かけるキリストを神とするキリスト信仰者と言うのは神に背く異教の徒ということになります。

キリストとはあくまでも神の言葉を代弁する預言者であって信仰の対象たる神ではないのです。

またキリストは人間だがイエスは神であるとする者もいるがあくまでもイーサーは神の子たる天使であって神ではなく天使信仰も神に対する冒涜となります。

自称キリスト教徒の偶像崇拝者が思いの外多くて驚いています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる