ここから本文です

平成31年度弁理士試験を受験しようと思っています。 独学で勉強してきたため、...

qab********さん

2019/3/1923:54:24

平成31年度弁理士試験を受験しようと思っています。

独学で勉強してきたため、法改正についてあまり詳しくありません。

特許法第67条について、以下のように理解していました。

1 特許権の存続期間は、特許出願の日か

ら二十年をもって終了する。

2 特許権の存続期間は、その特許発明の実施について安全性の確保等を目的とする法律の規定による許可その他の処分であって当該処分の目的、手続等からみて当該処分を的確に行うには相当の期間を要するものとして政令で定めるものを受けることが必要であるために、その特許発明の実施をすることができない期間があったときは、五年を限度として、延長登録の出願により延長することができる。

しかし先ほど、インターネットで条文を読んだところ、大きく改正されているようでした。
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/de...

今年の弁理士試験では、上記リンク先の法律をもとに問題が作成されているのでしょうか。

閲覧数:
141
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/3/2008:27:28

せやで。短答は施行されている最新の条文に基づいて答えやんとあかんで。

せやけど大丈夫か?論文になったらこれまでの法改正の趣旨に関する知識とか求められるで。
冗談やなく、「産業財産権法の解説」を全巻そろえて勉強する必要あるな。

悪いことは言わん。最終合格するつもりなんやったら、せめて1年だけでも予備校の講座を取ったほうがええ。
このままやと、合格するまで10年以上かかると思うわ。独学やと、得られる情報量が少なすぎる。

ベストアンサーください。

質問した人からのコメント

2019/3/21 00:31:38

ありがとうございました。
法改正の趣旨についても勉強します。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

spe********さん

2019/3/2003:33:45

年末の法改正でリンクさきのように改定されましたね。
今年の試験は当然に改定後ベースで問われますよ。
落ち着いて読めば難しくはないレベルの改正だと思いますのでこれを期に理解しときましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる