ここから本文です

https://ameblo.jp/syuruna/entry-12056050327.html このサイトには触れる面積を...

bru********さん

2019/3/2816:00:03

https://ameblo.jp/syuruna/entry-12056050327.html
このサイトには触れる面積を減らせば摩擦は小さくなると書いてありますが、

自分はその分単位面積当たりの垂直抗力は大きくなるので摩擦力は変化しないのではないかと思います。
なぜお尻を上げるとウォータースライダーの速度は上がるのでしょうか?

閲覧数:
22
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s8j********さん

2019/3/2914:05:54

ウォータースライダーの場合、水の層の上に尻が浮きながら滑っています。ハイドロプレーニング現象です。
このような条件では、「垂直抗力×動摩擦係数=動摩擦力」みたいな単純な式では摩擦を表現できません。この式(クーロン摩擦)は乾燥した限られた条件で使える近似式に過ぎず、極端な条件ではあてはまらなくなります。

実際速いのかどうかはわかりませんが、好意的に解釈するなら「水と体の粘性抵抗が支配的であり、接触部の圧力が増えても単位面積あたりの抵抗はあまり変わらず、接触面積を減らすことで抵抗が減る」ということかと思われます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる