ここから本文です

江戸時代の伊勢参拝、おかげ犬は珍しい事ではなかった!?

kum********さん

2019/3/2215:11:33

江戸時代の伊勢参拝、おかげ犬は珍しい事ではなかった!?

伊勢参宮は、5人ぐらいが連れだって歩くのが最も安全で、
おすすめされていました。
(旅は道連れ)

もちろん、番犬を兼ねて犬を連れても、良いと思います。

また、沿道では、お接待の際に、犬にあげる残飯ないでしょうか!?といえば、残飯を出してくださる。

それから、特にお寺等の軒下泊で、深夜のコソ泥への番犬にはもってこいかも、

犬は、峠でのクマや山賊たかりから吠えて守ってくれます、

犬を連れる利点は沢山ありますね!?

いかがでしょうか?

補足ありがとうございます。

犬連れで小型犬を連れていた人は、船に乗る時はふところに抱いて連れた、

おかげ犬は、船頭さんが載せてくれたんじゃーないでしょうか?

綱吉さんの時代なら、大名扱いだったかも、

とういか、昔は舟橋と言って、船をつないで橋をかけているところがほとんどだったんじゃーないでしょうか?

閲覧数:
37
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

edo********さん

2019/3/2518:19:51

護身のために犬連れで出掛ける人もいたようですが、犬が単独で伊勢参りをした、というのは一種の都市伝説のようなものです。犬は人の後を付いて行く習性がありますが、架橋されていない大河は渡れないです。渡し舟に乗せることもないです。

  • 質問者

    kum********さん

    2019/3/2709:46:01

    ありがとうございます。

    犬連れで小型犬を連れていた人は、船に乗る時はふところに抱いて連れた、

    おかげ犬は、船頭さんが載せてくれたんじゃーないでしょうか?

    綱吉さんの時代なら、大名扱いだったかも、

    とういか、昔は舟橋と言って、船をつないで橋をかけているところがほとんどだったんじゃーないでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる