ここから本文です

N型不導体では,不純物は+に帯電し,P型不導体では不純物がーに帯電するのは何故...

lou********さん

2019/3/2407:13:06

N型不導体では,不純物は+に帯電し,P型不導体では不純物がーに帯電するのは何故ですか。

閲覧数:
16
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

cup********さん

2019/3/2408:05:53

不導体?半導体ではないですか?

n形半導体には15族の原子が不純物としてドープされています。

15族は最外殻に電子が5個あり、そのうちの4個はまわりの半導体の原子と共有していて、残りの1個が低温では不純物のまわりに存在して、常温付近では不純物から離れ自由電子として働きます。

したがって、電子が1個少ない状態になるので陽イオンとなります。


逆にp形半導体では13族の原子が不純物としてドープされています。

13族は最外殻に電子が3個あり、電子とホールを1個ずつ作り、4個の電子はまわりの半導体の原子と共有され、残ったホールが低温では不純物のまわりに存在して、常温付近では不純物から離れホールとして自由に動くことができます。

したがって、電子が1個多い状態になるので陰イオンとなります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる