ここから本文です

このプリントに、一地一作人の原則で、1つの土地ごとに耕作者を決定とありますが...

yyb********さん

2019/3/3115:00:03

このプリントに、一地一作人の原則で、1つの土地ごとに耕作者を決定とありますが、屋敷地は耕作してませんよね?
また、年貢は、土地を持っていれば納めなければならないのですか?それとも、

耕作する土地を持っていれば納めなければならないのですか?

閲覧数:
32
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cho********さん

2019/3/3115:52:52

農民に対しては 屋敷も年貢の対象の様です。
http://www.edu-konan.jp/ishibeminami-el/kyoudorekishi/401020200.htm...
結構屋敷も年貢がかかっている。

土地台帳で記載された土地(区画)に対し見地して年貢を決めているようです。
上記サイトを読むと
田、畑、荒畑、屋敷 の区分で 田、畑 は 4段階区分 と結構細かい。
屋敷でも 必死で何か植えて栽培しないと大変な気がします。

参考になればと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eko********さん

2019/3/3117:35:20

以前に全く同じ質問に回答したとおりです。
検地帳に所有者として記録されている人物が年貢を納める義務が課せられました。
屋敷地の広さは家の富裕度に直結します。能登の時国家のように農地はさほど持っていなくても商売で儲けて富裕な家などゴロゴロしていましたから、屋敷地への年貢付加はそういう所からも確実に取るための富裕税的な意味合いが強いのです。実際に耕作しているかどうかは全く関係ありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる