ここから本文です

センター試験レベルの問題です お助け願います。

アバター

ID非公開さん

2019/3/2512:44:31

センター試験レベルの問題です お助け願います。

植物の種子の発芽に対する光の影響を調べるため
ホソアオゲイトウという植物の種子を使って行った。

問題1 この実験から判断されるホソアオゲイトウの種子の発芽に関して、最も適当なのをひとつ選べ
①処理3で発芽しなかったのは光合成が行えなくなったからである。
②光の波長組成は発芽に関与するが、光の量は発芽に無関係である。
③ホソアオゲイトウの種子の発芽に必要な条件は、適度な水と温度と空気と光である。
④このような光によって発芽が促進される種子を光発芽種子という。
⑤600nm~700nmの波長の光が発芽を促進すると考えられている。
⑥700nm~800nmの波長の光が発芽を抑制すると考えられる。

問2 処理⑥の結果に関する記述として最も適当なものを、ひとつ選べ
①緑葉が吸収する波長とこの種子が吸収する波長とほぼ同じと考えられる。
②緑葉はどの波長の光もほぼ同じように減らす効果を持つと考えられる。
③緑葉は700nm~800nmの波長の光をあまり吸収しないと考えられる。
④緑葉は600nm~700nmの波長の光以外を使って光合成を行っていると考えられる。

問3 実験の処理③や⑥の趣旨を調べると、ある植物ホルモンの量が多いことがわかった。
植物ホルモンとして正しいものを 選べ
① オーキシン ②ジベレリン ③ サイトカイニン ④アブシシン酸 ⑤エチレン

ホソアオゲイトウ,緑葉,波長,発芽,種子,800 nm,700 nm

閲覧数:
16
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nug********さん

2019/3/2515:25:31

グラフで,処理①全ての波長の光が当たると発芽率が悪い.
処理②暗黒で発芽率高い
処理③波長600~700 nm が当たらないと発芽率悪く,処理④波長600~800 nm が当たらないと発芽率高い.
よって,
処理③は600~700 nm 以外の光が当たると発芽率が悪いと読み解くことができるので,処理③と処理④から,700~800 nm の光が当たると発芽率が悪いと判る.(知識として,もしお持ちならばですが)700~800 nm の光とは波長の長い光ですから,赤ないしは赤外線であろう,と気づきます.
処理⑤から,光の量が10%以下になると暗黒と同じ効果をもたらす.
処理⑥は,緑葉とは,発芽する種子の上に植物が生えていて葉を茂らせていると,発芽率が悪い.おそらく,緑葉は,波長700~800 nm の光を吸収しないからであろう,と気づきます.
よって,
問1,⑥
問2,③
問3,④ 発芽が抑制されているから

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

joe********さん

2019/3/2515:04:09

問1⑥
処理3では600~700nmの光を遮って発芽せず、処理4では600~800nmの光を遮って発芽しています。これを700~800nmの波長について見ると、700~800nmの光があった場合(処理3)では発芽せず、遮った場合(処理4)では発芽しているので、700~800nmの波長の光にはホソアオゲイトウ種子の発芽を抑制する働きがあると考えられます。
①~⑤は次のように誤りと考えられます。
①処理3で発芽しなかったのは光合成が行えなくなったからである。
暗所で発芽しているので誤りです。
②光の波長組成は発芽に関与するが、光の量は発芽に無関係である。
光の量が無関係なら処理5(10%の光あり)と処理1(100%の光あり)は同じ結果になると考えられますが、処理5はほぼ全て発芽して処理1はわずかしか発芽していません。
③ホソアオゲイトウの種子の発芽に必要な条件は、適度な水と温度と空気と光である。
処理1では発芽していないので光は必要な条件ではありません。
④このような光によって発芽が促進される種子を光発芽種子という。
光で発芽が抑制される暗発芽種子です。
⑤600nm~700nmの波長の光が発芽を促進すると考えられている。
600~700nmの光を遮ると発芽が抑制されますが、暗所では発芽するので600~700nmの光が発芽を促進するというのは誤りです。(前述のように「700~800nmの光で発芽が抑制される」というのが適切です。)

問2③
緑葉が700~800nmの波長の光を吸収していれば処理6では多くの種子が発芽したはずだと考えられます。
①緑葉が吸収する波長とこの種子が吸収する波長とほぼ同じと考えられる。
前述のように緑葉は700~800nmの波長の光をあまり吸収していないと考えられます。
②緑葉はどの波長の光もほぼ同じように減らす効果を持つと考えられる。
処理6は処理5とは逆の結果になっています。
④緑葉は600nm~700nmの波長の光以外を使って光合成を行っていると考えられる。
この実験からは光合成について考察することはできません。

問3④
処理3、処理6では発芽が抑制されています。これらの植物ホルモンの中で発芽抑制作用があるものとして、最も適切なものはアブシシン酸です。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる