ここから本文です

長谷川穂積の強さは過酷な減量後の減量戻しも含めないと発揮出来ないタイプだった...

jpn********さん

2019/3/2818:44:08

長谷川穂積の強さは過酷な減量後の減量戻しも含めないと発揮出来ないタイプだったのだろうか?

バンタムで毎回12キロも減量をしていた長谷川は、フェザーでジョニー・ゴンサレスと戦った時、長谷川のパンチは何発当たっても効かなかったが、ジョニゴンのパンチは長谷川に一発当たっただけで試合を終わらせてしまった。

減量から考えると、フェザーぐらいが長谷川の階級だと思えるのに。

つまり、減量が適正の階級ではパワー不足で、減量戻しを使わないと勝てないということなのか?

逆に内山高志なんかは殆ど減量しないで、60キロでスーパーフェザーを取っている。

長谷川はバンタム時代でも計量終わったらすぐにたくさん食べて60キロまでは戻すと言っていた。

内山は減量して1階級2階級下で戦うのが嫌だから、減量無しで戦ったと言ってたが、普通に減量する選手なら、デビュー戦59キロの内山はデビュー戦58キロの長谷川と本来近い階級だろう。

当然内山と長谷川が共に減量して同じ階級で戦えば圧倒的内山が強いだろう。

長谷川も内山も同じ様にレベルの高いボクサーだと思ってたが、それは間違いで内山の方がかなり上だったんだな。

閲覧数:
103
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sei********さん

2019/3/2821:33:29

内山の方が大分上だと思うよ

長谷川はバンタム時代に散々「減量がきつい」アピールをしてて、テレビでそういう特集も何度もされてた

でも上に上げたらパンチが足りてないシーンが多かったから、結局「きつい減量は友達」みたいな選手だった

長谷川はハンドスピードに優れた良いボクサーだったけど、内山と比べちゃったらね・・

質問した人からのコメント

2019/4/3 21:13:55

内山はロクな奴とやってなかったからな。
力を計り辛かったのはある。
冷静に見れば他の日本人とは比べるまでもない強さだった。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lll********さん

2019/3/3113:50:41

内山選手は、普段から節制していたから、減量の必要がなかったのだと思います。

野菜を各地から取り寄せて、自分でミキサー回して毎日野菜ジュースを飲んでいたそうですから、食事にも細心の注意を払っていたのだと思います。

oto********さん

2019/3/3113:30:49

長谷川はパンチは特別強く無く、KOを量産してた時は、タイミングと回転力で倒すと言う感じでしたね

mb2********さん

2019/3/2821:04:01

単に普段よく食べる人だったというだけでしょw

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる