ここから本文です

とある魔術の禁書目録III 24話の質問です。 フィアンマが上条の腕を切りまし...

zor********さん

2019/3/2906:13:56

とある魔術の禁書目録III 24話の質問です。

フィアンマが上条の腕を切りましたが 何で切ったのでしょうか?

また、 上条が切られてから腕が生えてきたのはどうしてなのでしょうか?

閲覧数:
412
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mim********さん

2019/3/2907:37:26

フィアンマの聖なる右を完成させる為
フィアンマ曰く、幻想殺しとは
神聖なる右手が備えた浄化作用の一種であり、それを取り込む事で聖なる右は完成するらしい

実際には十字教程度て説明できる代物ではないため、フィアンマの検討違いなのだが(機能さえあれば後はどうでもいいらしい)


上条の右腕から現出した謎の力に関しては不明
分かっているだけでも完成した聖なる右から放たれた惑星を破壊できる一撃を引き裂く程度には強大な力を保有している


腕が生えてきた仕組みは判明しています
幻想殺しとは上条の右腕にしか宿らない性質があり、異能や超能力の類いではなく世界の法則、絶対普遍のルールに近い
上条から幻想殺しが消えれば、右腕ごと再生する(千切れた右手が健在ならくっつく)
その力を強奪したり模倣しよう物なら謎の力で肉体がズタボロにされたり、吸収した力が急速に失われる

幻想殺しとは代々世界の転換期において依り代を換えてはどこかに現れている基準点
魔術とは世界を歪める力であり、極めれば世界を作り替える事も出来る
だが作り替え過ぎると元の世界を思い出せなくなってしまい、本来の世界を思い出す安全装置として結晶化した異能こそ幻想殺し
あらゆる異能の干渉を受けない右腕を観測する事で本来あるべき世界を知る事が出来る

「とある魔術の禁書目録iii」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

app********さん

2019/3/3005:42:23

フィアンマの持つ聖なる右手は不完全で、
上条さんの右手を組み込めば完全なものとなり、10万3千冊の魔導書とベツレヘムの星と合せて「神浄」へと至る目論見でした。

しかし、上条の右手は「上条当麻」の右手にあってこそ力を発揮するものであり、損傷してもそこに元通りに戻っていく性質になっています。

この後も何度か右手が大変な事になるのですが、
その都度元通りに再生しています。

yuk********さん

2019/3/2913:04:38

フィアンマの右手は普通の右手だったため、聖なる右の出力を100%発揮する事が出来ません。
そのため、上条さんの神聖な右手を取り込み経由させることで力を発揮しようとしました。

因みにフィアンマにとって必要なのは右手そのもので、それに宿ってる幻想殺しは不要な力です。いずれは排除する予定でした。


腕が生えてきた理由はまだ不明です。
あくまで幻想殺しは上条当麻に取り付けられた右手に宿るというルールみたいなものがありますが、幻想殺しの力で右手が再生してる訳じゃないです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる