ここから本文です

築7年目の木造建築二階建てに住んでいます。

アバター

ID非公開さん

2019/3/3014:53:21

築7年目の木造建築二階建てに住んでいます。

南海トラフ地震が起きたら震度7の揺れを受けますが家は倒壊してしまうでしょうか?

閲覧数:
114
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

福味 健治さんの写真

専門家

2019/4/118:30:05

大阪で設計事務所をしています。

昔は被害状況で震度階を定めていました。阪神大震災以前の震度階で震度6と云えば、木造住宅が倒壊し、鉄筋コンクリートの建物も倒壊したり被害を受ける状況を表現していました。阪神大震災以降は、被災状況で震度階を表現せずに、計測震度で震度階を表現するようになりました。計測震度6.5以上が震度7となります。
計測震度は、重力加速度(gal)の大きさに比例します。600galを超えれば、計測震度6.5以上となり、震度7と表現されます。
阪神大震災も、東日本大震災も、600galを超えましたが、阪神大震災は木造住宅はおろか、ビルやマンションまで倒壊したのに対し、東日本大震災では、津波の被害は甚大でしたが、地震による直接被害は多くありませんでした。つまり、震度7でも、倒壊する震度7と倒壊しない震度7があるのです。
https://youtu.be/gcheIdSWJgI
建物を含む、全ての固体には、固有振動周期があります。建物の固有振動周期と、地震波の波長が一致すれば、共振して、建物を大きく揺らし、運が悪ければ倒壊してしまうのです。

ですので、南海地震が発生して、震度7が計測されても、必ず建物が倒壊しますとは言えませんし、仮に震度5強(400gal)であっても、共振してしまえば倒壊の可能性が出て来ます。
https://e-ie.org/menshin.html

大阪で設計事務所をしています。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

福味 健治さんの写真

福味 健治

建築家

現代の“数寄屋”請負人。ローコストであなた好みの家を造ります

【一級建築士】 【設計専攻建築士】 【住宅性能評価員】 【応急危険度判定士】 【木造耐震診断受講者】 【IAU型免震設計資格者】 【被災度判定講習受講者】 【木造耐火建築物講習受講者】 【「All About プロファイル」認定建築士】 【読売新聞「マイベ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hdn********さん

2019/4/216:00:58

つまり、倒壊するかしないかはその時になってみないと分からないと思います。 想定内なら大丈夫だけど案外想定外が発生するかも知れないからです。
それよりも、火災とかに注意した方が良いかも知れません。 海辺に近ければ津波にもです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cbn********さん

2019/4/119:11:48

①、質問建物が倒壊するかは透視能力の千里眼者でなければ解りせん。
建築基準法で過去の災害から最低必要な安全基準以上を求めています。
故に、設計監理者が地質地盤調査から適正な基礎と地盤改良が定める

以上の安全倍率と工事監理と施工管理をしたかで倒壊は変わりす。
倒壊をするのは、地質調査報告書の判断錯誤設計で地盤改良や改良杭
打ち瑕疵や体力壁の耐震等級3以上でも偏心率の瑕疵でも大亀裂ある。

②、海岸の近くで堤防から海水が浸入に建物は法的備えはありません。
また、活断層の直下移動や高層建物でも短期揺れには強いが長期揺れ
には弱いです。木造であると金物の釘や捻子が対応できなくなります。
建築学はガルの重力加速でだが、震度は馴染み易く最大7以上を最大。

③、住宅安全の保証保険は、H21年10月よりの住宅瑕疵保証の保険で
屋根や壁から雨漏りと基礎から構造上主要な個所は引き渡しから10年
の補償をします。瑕疵と見ない建物全壊50%以上の激甚災害であれば、
罹災証明で国が定められた助成金が得られるのが現在の補償です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2019/3/3015:14:35

築7年では倒壊することは考えられません

家が倒れなくても、家の中の家具が倒れるなどがけがの原因になります。家の中の安全を高めておくことが地震対策としてはとても大事です。

ohi********さん

2019/3/3015:13:12

木造住宅は大地震を一回食らうと家が
歪みます。
地震保険を建物と家財二つとも
出るものに入りましょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ken********さん

2019/3/3015:06:59

可能性としてはあるでしょうが
最初の1回では倒壊しないと思いますので
悪くて初回で大破になるのではと思われます
ですので直ぐに避難する場合の時間は
稼げると考えます

ただ、熊本地震では複数回の揺れにより
倒壊したものが多数あります
木造の場合は材料として
木材自体の強度の低さもあるのでしょうが
複数回の地震が連続して起こると
かなり厳しい結果になるようですね

重量鉄骨造りですら
破損している建物が複数あります

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる