ここから本文です

大野智くんが表紙を務めたananが予約から好評で2冊以上、予約できないと言う制限を...

アバター

ID非公開さん

2019/3/3016:09:34

大野智くんが表紙を務めたananが予約から好評で2冊以上、予約できないと言う制限をかけられたとききましたが、制限をかけるならなぜ、櫻井翔くんの時のように最初から発行部数を2倍にしなかったのですか?

閲覧数:
2,441
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sui********さん

2019/4/211:34:22

一時期、大野さんの表紙の雑誌が、10種類以上あったにもかかわらず、
店頭にほとんど並らばないという事がありました。
予約で売り切れて、店頭まで並ばなかったからです。
出版社が、そこまで売れるとは思っていなかったからだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「大野智」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2019/4/500:11:58

大野君が表紙を務めた2014年4月23日発売のananのことですね。2013年の大野君の表紙号もよく売れていたのに、2014年4月23日発売号の最初の発行部数は需要より低かったのでしょう。どのくらいかは分かりませんが。
https://matome.naver.jp/odai/2137785348707362401

2冊以上予約できない表示があったし、テレビでもその当時の大野君の表紙号は「売り切れ店が続出」と話題になってたから、嘘ではないですよ。

大野君が表紙を務めた2014年4月23日発売のananのことですね。2013年の大野君の表紙号もよく売れていたのに...

aib********さん

2019/4/409:30:03

嘘だと思いますよ。
大野くんのananって何度か表紙になっていると思いますが、上着を半分脱いでいる表紙のものは店頭に長い間積まれていて、最初の出荷量を見誤ったのではとファンの間で話題になりましたが。

冊数制限があったかどうかは知りませんが、そちらについても一時期大野くんファンが予約だけを入れて受け取りに来ないというので(売上数を伸ばしたいから?)仕入れた本屋が返本を抱えて迷惑するという問題が起こったから、その対策としてそのようにした店舗があっただけではないですか?
そちらも一時期話題になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kae********さん

2019/4/408:11:17

聞きましたというのは誰に聞いたんですか?
発売元がそう言ったのですか?
妄想を現実のように語る人もいるので、話の出所を確かめた方が良いですよ

雑誌社は売れれば売れるほど嬉しいのですから、制限はかけないと思います
足りなくなったら増刷するはずです
実際、櫻井くんの時は発行部数を増やした後、更に増刷されましたしね

har********さん

2019/4/213:11:38

1冊買うのが普通でしょ?
ファンなら2冊買っでもまあ良いけど、それ以上どうするんですか。
結構普通にみんなそうでしょ。

rai********さん

2019/3/3018:48:46

予約数を決めてるのは書店なので、その書店の見込みが甘かっただけでは?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる