ここから本文です

M1911はなぜ現代まで生き残っているのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2019/3/3118:51:22

M1911はなぜ現代まで生き残っているのでしょうか?

同世代の拳銃はほとんど、見ないのに

閲覧数:
79
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

eps********さん

2019/4/107:02:52

構造がシンプルだからでしょう
このシンプルさが、信頼性の高さにつながっています。
それと競技に使われて、改良が進んだという点も大きいです
とくにトリガー回りのチューンのしやすさは
同時期の銃にはないもので
現にM1911は戦前からナショナルマッチモデルを
ラインナップに組み入れ、競技で成果を挙げています。
構造がシンプルなので、高精度化が容易であったり
近代的な改修がパーツのインストールで対応できたりします

グリップアングルも理想的で、1911年以降米軍で採用された
.22口径の射撃専用モデルはほぼ同一のグリップアングルを採用しています。
また米軍の正式であるということも見逃せない点で
米軍は、世界で唯一、まじめに拳銃で戦争をしようとしている軍隊
とも言われていて、拳銃の採用に激しいトライアルを強いたり
拳銃射撃の訓練に重きを置いています
これがプラクティカルシューティングなどにつながり
民間でも使われ続けているのだと考えます

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zis********さん

2019/4/601:17:58

M1911はなぜ現代まで生き残っているのでしょうか?

同世代の拳銃はほとんど、見ないのに

alf********さん

2019/4/220:46:40

同世代の――大戦期に使用された各国の軍用オートに限って言うならば。

1911系が愛された理由としては、

1. 二度の大戦で使用された、二度の大戦の戦勝国アメリカの軍用制式拳銃であり、次代が決定したのは74年後と長きにわたって現役であり続けた(途中で新型も検討されたが)。
2. アメリカ自体が銃器市場として広大であり、「おらが国の軍用拳銃」である1911系は軍放出品や民間向けモデルが多数流通していた。
3. ジェフ・クーパーに代表されるコンバット・シューティスト達の「実戦競技の銃は.45のコック&ロックが最良だ」という主張の影響力は大きく、1970~80年代のトレンドであった。
4. その対抗馬となるのは9mm多弾数オート。あるいは.357/.38リボルバーであったが、実戦向けのキャリーガンと競技向けのレースガンに分化していく中でも、1911系はそれまでのカスタマイズやチューンのノウハウ蓄積が著しく、シューターにとっても評価が高かった。


同世代の他の銃が生き残れなかった理由としては、

5. ドイツや日本は敗戦により生産を中止した。イタリアのベレッタM1934は使用弾薬が9mmショート(.380ACP)の比較的小型なオートでありそもそもカテゴリーが違う。旧ソ連のトカレフTT33は後継のマカロフに切り替わったし、そもそも東側で「民間市場でもバカ受けするピストル」が成立するはずもない(旧チェコのCZ75はずっと新しい世代の、西側への輸出前提モデルだ)。
6. 自動拳銃黎明期の設計であるモーゼルC96系は1930年代に生産中止している。P08に代表されるパラベラム(ルガー)・ピストルはその設計の複雑さからくる生産性の問題があり、後継のワルサーP38が存在した。
7. 戦後の西ドイツ再武装にあたってワルサー社はP38を再生産した。モーゼル社はスイス製パラベラムの生産治具を入手し再生産を開始した。
しかしP38II(P1)はカスタム例が皆無ではないものの、原設計からしてあまり手を入れる(「自分流に仕上げる」という意味では1911系やFNハイパワー、後の92系などと比較して)余地が無い。
パラベラム・ピストルは言うに及ばず。というかP38やP08をいじって名を成したのはジョン・マーツくらいではないだろうか……?

例外的に長生きした同世代機としては、FNブローニング・ハイパワーがあるが――こちらは英連邦諸国の制式としてはびこり、無論9mmパラの13+1発というわかりやすいメリットがあった。これも生産中止となってしまったけれど……。

nog********さん

2019/4/118:12:40

愛されているからです。

acc********さん

2019/3/3122:32:50

非常によく考えられて設計されてからというのはもちろんですが、マスターピース化しているからです。

マスターピース化すると、その後にもっと優れたものが現れても越えられないのです。

他にはペヤングソース焼きそばや、日清カップヌードルや、正露丸、i-phoneやダイソンの掃除機などかそうです。

後発にもっと優れたものが出てきましたが、いつまでも使用者が絶えないのです。

ppa********さん

2019/3/3118:52:07

性能を調節されつつですが、元が完璧だったんでしょうね

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる