ここから本文です

日本昔話の話のなかの時代は、いつ頃に設定されているんでしょう?

jkl********さん

2019/4/118:02:44

日本昔話の話のなかの時代は、いつ頃に設定されているんでしょう?

例えば、かぐや姫、浦島太郎など。
絵の中の人物の服装からして、江戸時代よりも前ですよね?

閲覧数:
50
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ait********さん

2019/4/213:52:50

『かぐや姫』の舞台は飛鳥時代であり、『浦島太郎』の舞台は古墳時代から平安時代にかけての期間です。


まず『かぐや姫』についてです。

この話の原話は、いわゆる『竹取物語』です。

この『竹取物語』には、「左大臣安倍のみむらじ」「大納言大伴のみゆき」「中納言いそのかみのまろたり」といった人物が登場します。

これを史実と照合すると、

・阿倍御主人(=安倍のみむらじ)が左大臣だったことはない。ただし「右大臣」を「左大臣」と誤記したのだだと考えれば、彼が右大臣の地位についていたのは701年から703年の間。
・大伴御行(=大伴のみゆき)が大納言だったのは701年。
・石上麿(=いそのかみのまろたり)が中納言だったのは701年。

となり、『竹取物語』の設定と矛盾がないのは701年のみとなります。

ということは、かぐや姫の舞台設定はこの前後だろうと推測できます。歴史学的な区分では飛鳥時代に相当します。


次に『浦島太郎』についてです。

『御伽草子』所収の浦島太郎には、時代設定の記述がなく、ただ「昔」とのみありますが、竜宮で経過した時間が「七百年」とありますから、相当な時代をまたいでいることが考えられます。

ただし、これより古い文献である『丹後国風土記』には、この期間が「三百余歲」と記載されており、こちらが本来の形だろうと思われます。
このほか、『本朝神仙伝』には「百年」という異伝が記載されています。

では、この出来事の実年代はいつなのでしょうか。

『日本書紀』によれば、雄略天皇22年、すなわち西暦478年に「水江の浦嶋の子」が蓬莱山に至ったといいます。雄略天皇は第21代天皇であり、これは古墳時代中期の出来事です。
この記載から、浦島太郎が竜宮に行ったのは、古墳時代中期の478年のことであると判断できます。

浦島太郎の帰還の年代については、『水鏡』に淳和天皇(第53代天皇)の天長2年(825年)に「浦嶋の子」が帰ってきたという記載があります。これは平安時代前期のできことです。異本『浦島子伝』や『帝王編年記』にも同様の記載があります。
これらの記載から、浦島太郎が帰還したのは平安時代前期の825年のことだと判断できます。

以上から、浦島太郎が竜宮に行ったのは478年(古墳時代中期)、帰ってきたのは825年(平安時代前期)のこととなります。この間、実に347年間が経過しています。『丹後国風土記』の「三百余歲」という記載に合致するといえましょう。

ということで、『浦島太郎』の舞台設定は古墳時代から平安時代にかけての長期間です。

  • ait********さん

    2019/4/213:59:39

    (補足)
    ただしこれらの話はあくまで物語ですから、そのまま史実とは考えられないのは言うまでもないことです。

    そして下の方もご指摘になっている通り、奈良時代に編纂されたはずの『風土記』にすでに浦島太郎帰還の話が採録されているということは、これは当然奈良時代以前の出来事でなければおかしいです。
    しかし上記の通り、これは平安時代の出来事であるとする見解が主流なのも事実で、互いに矛盾しています。

    「もとから史実ではないため、そもそも正解など無い」と考えるべきなのかもしれません。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/4/7 21:13:00

詳細なご回答ありがとうございました。
僕は、昔話は、古くとも、平安時代だと思ってました。まさか、浦島が古墳時代とは。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

z_x********さん

2019/4/218:07:34

いいとこついてきますね。

竹取物語は元はといえば作者不明の怪文書みたいな物語です。大化の改新以降に政治を牛耳っていた藤原氏に対する反感が込められているといわれてます。

浦島太郎は非常に古い物語です。おそらく古墳時代に丹後に実在した豪族の物語です。日本神話においては海幸山幸のベースになってますからかなりの有力者だったのでしょう。漁村の若者みたいな庶民の設定になったのは明治に入ってからです。

桃太郎も弥生末期か古墳時代の大和朝廷による吉備平定がベースになってるようですが、書かれたのは江戸時代で、明治の教科書に載って広まりました。

mar********さん

2019/4/118:34:34

当然ながら物語によって違います。
かぐや姫は「竹取物語」を簡単にしたもので、本来は平安時代初期のお話。
浦島太郎は風土記に記載された浦島子伝説がオリジナルで、少なくとも奈良時代よりも昔の話。

y42********さん

2019/4/118:21:23

日本昔ばなしは、各地の伝承や物語を子供用に纏めてあるだけです。

なので、時代も出典も、物語の成立背景も様々です。

かぐや姫は、古典で習う『竹取物語』が元ネタです。
浦島太郎は知りませんが、桃太郎は中国古典説や、歴史上の事実を童話風に書換えたものとか、諸説あります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる