ここから本文です

プラモデルでヤスリがけをする際にみなさん荒いものから細かいヤスリに切り替えて...

saa********さん

2019/4/321:34:42

プラモデルでヤスリがけをする際にみなさん荒いものから細かいヤスリに切り替えておられますが、最初から細かいものではダメなのでしょうか?理由が知りたいです。

閲覧数:
36
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a_t********さん

2019/4/408:19:04

始めから細かい物だと、同じ量を削るにも時間がかかると言う事です
ですので、使い所により番数を変えて使うのが正しいやり方です
私の場合ですが

パテ、積層プラ削り 240~320番
合わせ目消し 400~600番
ヒケ処理 600~800番
表面処理 800番以降

てな、感じですね

合わせ目消しの時は硬化したプラスチックを削るので
荒目でガシガシ削りますが表面処理はそこまで一生懸命に
なる必要が無いので、番数は抑えます

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wan********さん

2019/4/400:33:29

番手は削る量に合わせて変えるものであって、初めから「あと少し削れば十分」という状態のパーツであれば細かいヤスリから始めるでしょう。必要もないのにわざわざ荒いヤスリでパーツをボロボロに傷つけて、その傷を頑張って消すなんて言うのはアホしかやらんでしょう。逆にまだまだたくさん削らなきゃいけないものを細かいヤスリで少しずつ少しずつ削ったりもしないわな。

ガンプラの合わせ目を消すだけなのに400番でガリガリやるなんて人はいないように、「自分はこのパーツをあとこれぐらい削りたいから、それぐらいを削るのに向いた何番のヤスリを使おう」と判断して選べばいいのであって、必ずこの番手から順番に…なんてことは無いでしょう。

tokさん

2019/4/323:59:56

大きい段差を削るとかの場合は
荒いヤスリで大きく削ってから細かいヤスリで面を整えたり、ヤスリ傷を小さい目にしていきます。
なので繊細な所を削る場合、そんなに段差の大きくない場合は細かいヤスリだけでやったりますよ

gbg********さん

2019/4/322:42:57

最初から細かいものを使うと目的の形をつくるのに余計な時間が掛かるというのが一つ。

もう一つ、ヤスっている時間が長いという事はそれだけ必要のないところまでヤスってしまう可能性も増える(エッジがだれたりするのはこれも一因)わけで、その修正の手間を考えると二度手間以上に無駄な作業を強いられることになります。

ですので、粗めのヤスリで大雑把な形を作り、細かいもので仕上げるというのが基本です。

ota********さん

編集あり2019/4/322:00:27

荒いヤスリで消したいキズやキット表面を均します。
荒いヤスリの方がキズが早く消せます。
その後細かいヤスリで荒いヤスリのキズを消していきます。この時、ヤスリの番手が変わるとヤスリをかける方向を90度回して直角になるようにかけていくと早くキズを消していけます。

2019/4/321:36:20

ダメではないです。
作業効率の問題です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる