ここから本文です

個人作成のDVDの著作権保護期間は何年でしょうか。 映画は公表後70年とされている...

nbg********さん

2019/4/509:54:41

個人作成のDVDの著作権保護期間は何年でしょうか。
映画は公表後70年とされていることは承知しています(公表されないときは創作後70年)。

質問は個人で撮影し制作したDVDに関してです(頒布したものを含みます)。
これについても映画と同じ扱いで70年と考えればいいのでしょうか。
それとも個人製作の場合は書籍等と同じく著作権者の死後50年なのでしょうか(昨年12月30以降は70年に変わっていますが、それ以前に制作したDVDなので50年と理解しました)。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
16
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

par********さん

2019/4/511:10:57

映像(映画の著作物)ならば公表後70年です。

著作物の保護期間は基本的に作者の死後70年ですが、「この節に別段の定めがある場合を除き」という条件があります。
(著作権法51条)
54条に映画の著作物の保護期間が「別段」定められているので、公表後70年となります。

なお、「映画の著作物」には一般的な映像作品が含まれます。
(著作権法第2条3項)
>映画の効果に類似する視覚的又は視聴覚的効果を生じさせる方法で表現され、かつ、物に固定されている著作物

ちなみに2018年末の時点で保護期間が切れていないのならば保護期間は70年に延長されます。
(附則 (平成二八年一二月一六日法律第一〇八号) 第7条)
公表時起算であっても延長されます。
映画は元から70年なので変わりませんが。

質問した人からのコメント

2019/4/5 13:31:46

(著作権法第2条3項)によって、DVDは映画と同じ扱いということなのですね。
よく理解できました。有難うございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる