ここから本文です

昭和の時に薬局で覚醒剤が変えたって、どのような名前の薬なのでしょうか?

sho********さん

2019/4/703:59:30

昭和の時に薬局で覚醒剤が変えたって、どのような名前の薬なのでしょうか?

この質問は、san********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
14
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

リクエストマッチ

2019/4/707:27:59

ヒロポンですよ。ご検索を。

質問した人からのコメント

2019/4/11 11:53:47

ありがたい回答ありがとうございます、すみませんがリスエストを送った方にします

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ing********さん

2019/4/708:09:20

ヒロポンは日本で合成された薬で、
昭和24年までは合法で薬局で売られていました。

薬局には「ヒロポン飲んでガンバロー!」と
いうキャッチが踊っていました。

尚、同薬は現在でも完全禁止ではなく、医療用には
統合失調症やナルコレプシーの治療用に
日本薬局方上、処方薬(処方箋医薬品)の覚醒剤として
残っています。

jun********さん

2019/4/704:14:34

「ヒロポン錠」及び「ヒロポン液」です大正製薬が、デリバリーしていました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる