ここから本文です

肉屋や焼き鳥屋は明治時代までなかったのですか

tad********さん

2019/4/719:20:29

肉屋や焼き鳥屋は明治時代までなかったのですか

閲覧数:
22
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dok********さん

2019/4/719:38:03

江戸時代に肉屋は薬食いとして、商売しています。
俳句では薬食いは冬の季語として扱われ、庶民の生活の一部です。
焼き鳥屋専業ではありませんが、料理屋ではツグミ、ヒバリ、スズメなどが料理して提供されています。

次のところで江戸時代の肉食研究の記事を確認ください。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jisdh/23/4/23_247/_pdf

質問した人からのコメント

2019/4/8 08:17:25

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mon********さん

2019/4/807:42:17

山で冬季に猟をした肉を売る山屋(さんや)というものが信州にありました。また同地には焼鳥提供の文献も残っています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる