ここから本文です

2018年2月に腎細胞がんがCT検査で発見され、3月に腎臓1つ全摘手術を行ないました、...

アバター

ID非公開さん

2019/4/908:21:45

2018年2月に腎細胞がんがCT検査で発見され、3月に腎臓1つ全摘手術を行ないました、術前、T1bで所属リンパ節転移無し、遠隔転移無しでしたが、病理検査でT3aで肉眼で1箇所隣接脂肪細胞に浸潤あり

とコメントがありました。その後8月にPET検査、造影剤CT検査で縦隔部と腎門部のリンパ節転移が発見され、分子標的薬を9月から投薬、11月にCT検査で腫瘍が縮小したが、2月のCT検査で腫瘍が拡大しました、2月の中旬に分子標的薬が1錠増量になりました、その後食思不振、慢性下痢になり体重が減少し分子標的薬が服用中止になりました。4月中旬にオプジーボの投与を3日間入院して行なう事になりました、入院して点滴治療するのは、副作用の重度が高い可能がありますね、是非精通していらっしゃる方からの回答を宜しくお願い致します。

閲覧数:
75
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tei********さん

2019/4/909:28:23

オプジーボなら大丈夫では?
それにそこを心配するより病状を心配ください。
余命わずかじゃ副作用どころじゃ無いと存じ上げます。

「オプジーボ 副作用」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる