ここから本文です

「ママの霊に会うには」について質問です。 具体的な方法を知りたい

sja********さん

2019/4/912:46:48

「ママの霊に会うには」について質問です。

具体的な方法を知りたい

閲覧数:
31
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

2019/4/913:34:20

イタコに依頼ですね
青森です

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kur********さん

2019/4/922:42:29

メディアには、こういう主張も有ります。

「 身内の霊魂と見なした相手が、本人とは限らない」

「特定個人の思考・行動・人間関係等を、長期間密かに観察する低級霊達がいる
(それで得た情報を基に、他の霊魂になりすまし、身内の霊魂と話したい人等を、騙す者達もいる) 」

「霊魂は練習次第で、姿を変更可能となる

※幽体は、粘土の様な性質を持つ為 」

「霊感や霊能の開発は、危険 」

「霊感等を得たと、人に誤認させる低級霊達がいる

※対象になりがちなのは、幽体が弱すぎる人・高級霊魂の協力無しの霊的修行(瞑想等)をした人 等

※知覚させる光景・音声・感覚・霊や神仏の姿と言動・あの世や前世の情報・オーラの色等は、霊魂が決める」

「 霊能等が有るつもりの人と深く 関わり、低級霊との接点を、無自覚に増やしている人達もいる 」

「生者の念は、あの世の住民に届かない」

「どんな霊魂でも呼び出せる霊媒はいない」

「霊的身体の質が高すぎても低すぎても、霊的存在は法則上、この世に来られない

※この世の気に、体が適応できない為 」

「霊的存在も生物と同じで、体が適応できる環境にのみ居られる」

「初めて人の肉体を借りた筈の霊魂が、いきなり流暢に話し出した場合、その者は、勝手に何度も人の肉体に入っている、不道徳な存在
(肉体を借りて上手く話す為には、霊魂側にも沢山の練習が必須) 」

「本物の高級霊魂と繋がっている霊媒が、普通の霊魂に自分の肉体を貸す事は無い
(質の低い気で、霊媒の幽体を弱らされると、その霊媒の肉体を高級霊魂が、二度と使えなくなる可能性大な為)」

「高級霊魂に主導されている霊媒現象の筈なのに、現象の最中に霊媒の意識がなく、後で内容を知ると言う霊媒は偽物」

「高級霊魂が霊媒の肉体に入る場合、霊媒の意識を残す。

※万が一、他の霊魂に霊媒の体を操られたら、取り返しがつかない為
(霊媒の意識が完全に消えると、霊魂にとって霊媒の身体は極めて支配し易くなる)

※意識の無い状態で霊媒現象を行なうのは、霊媒が相当に慣れて、そのリスクを納得し、対策済みという様な特殊なケースのみ。
初めての現象の時に意識が無かったという霊媒の場合、それは芝居か、不道徳な霊魂による現象。

※高級霊魂は人の自由意思を重視するので、いきなり危険な現象を起こす事は決してない 」

「霊媒のつもりの人が無意識に、霊魂を演じる場合も有る」

「 霊的知覚は、遺伝的・潜在的なものではなく、霊魂の干渉を幽体の脳に受ける事で身につく」

「死後最初に使う身体=幽体の眼で、誰もが何らかの霊魂を視ているが、肉体の脳にはまず知覚できない(人の肉体に、紫外線を視る機能がないのと同じ)

※幽体の知覚したものを頻繁に肉の脳にも知覚させる為には、霊魂の特殊な技術が必須

※霊能の類の付与は、脳手術並に危険

守護霊や指導霊等の高級霊魂は、幽体等の強化すらしていない人に、霊魂の姿や声等を知覚させようとはしない
(その人が偽の神仏や高級霊魂に騙され、死後拷問される事を、避ける為でもある) 」

「生涯に一、二度なら、偶然独力で霊魂を視る可能性は有る
(幽体が弱すぎれば、低級霊しか視認できない) 」

「霊能等を欲する人に、霊能の様なものを与える為に、善意のつもりでその人の幽体の脳に、干渉する低級霊もいる

※その場合にも対象は幽体が弱る上に、廃人になる恐れすら有る 」

「霊魂がAの思考=想念を読み、その情報を何らかの形でBに知覚させると、Bは『自分はAの心を読めた』と信じがち
(Aにつきまとう霊魂がいる場合、B側の霊魂は、その霊魂にAの秘密を聴く可能性も有る)」

「幽体の弱い人が読経したり、墓や仏壇の前で熱心に祈ったりすると、その念を暇な低級霊に知覚され、寄られかねない」

「不道徳な霊魂にとって、墓地には2つの意味で価値が有る。
一つは、人の念を容易に受け取れるという事。
もう一つは、墓地で発せられる念は、大抵本人にとってかなり深い思いである為、重いネタの方が悪戯のし甲斐もあるという事」

「天使・神仏・高級霊魂・哀れな未成仏霊等を装う邪霊達がいる

※心が強く清い人達や、スピリチュアリストの中にも、邪悪な低級霊の玩具はいる

※霊能者や宗教家側の邪霊と、依頼者側の霊魂の八百長で、祓いの成功を信じる霊能者等や依頼者がいる

※『本物の霊能者なら、質素な生活をし、無料か低額で人を助ける筈』と考える人達を招く為に、玩具にそういう事をさせている邪霊がいる

※玩具に愛・善行・感謝・平和の大切さを説かせる邪霊もいる

※現世利益の様なものを与え、この世では幸せにしておく邪霊もいる」

「邪霊は、霊感開発に励む人=玩具候補の増加を喜ぶ」

「ここで言う低級霊=幽体が不健康な霊魂(優しい者もいる)」

「害意が皆無でも低級霊の気は、生者や高級霊魂等の幽体を、弱らせる
(病原体の様なもの)」

「低級霊の気を浴びた人は、それを無自覚にまき散らし、近くの人やペット等の幽体を、弱らせがち」

「幽体が弱いと、低級霊の気を心地良く感じかねない
(パワースポット巡りや、誤った瞑想の最中に、神の気や宇宙エネルギーが入ったと喜ぶ人や、悟りを開いたと誤認する人 もいる)」

「心を強く清く明るくしても、幽体が弱いと、思考=想念や幽体の姿を、低級霊に知覚され易い。
逆に、高級霊魂やその部下には知覚され難い
(肉体の眼がないと、肉体は視えない)」

「霊的存在にとって一番知覚し易いのは、霊的身体の質(成長度・健康度)が自分と同じ者の、念や霊的身体の姿」

「担当する人の現在地が、解らない守護霊等もいる 」

「幽体が無い神仏には、低級霊・守護霊・普通の指導霊・普通の人の姿と念を、全く知覚できない
(それ以前に、この世に来る事自体が法則上無理) 」

「普通の人=幽体が未発達な人の思考を知覚し易いのは、低級霊の干渉を幽体の脳に受けている人」

「他者からの怒り・妬み・八つ当り・逆恨み等の念で、幽体は負傷する
(弱い念でも、浴び過ぎると自然治癒は無理)」

「無償の人助けを沢山し、人々から慕われている人が、妬みの念を頻繁に浴びている場合も有る」

「霊能者の類は、依頼者から強い依存心を向けられがち」

「依存的な人の要望に応えられないと、相手の依存心は怒りに変わる」

「幽体は心ではなく、内臓を持つ 身 体 である為、心の改善では癒えない
(愛や感謝の心を持っても、骨折が治らないのと同じ)」

「高級霊魂の気=幽体にとっての栄養・薬

◇人が幽育や、神伝禊法を行いたくないのなら、高級霊魂はその意思を尊重する

善行・先祖供養・心の浄化や強化で、高級霊魂に思考や姿を知覚され易くなったり、真の霊的安全度・成長度が増したりはしない

※心と言動が立派でも、栄養を得ないと回復や成長に至らないのは、肉体も幽体も同じ」


「かつては本物の聖地(高級霊魂の気が沢山降りる場所)だった所も、現世利益(受験合格・商売繁盛等)を求める念で覆われれば、やがて高度な霊的存在との接点を失う」

「高級な気が無い空間は、いずれ低級霊の滞在可能な場所となる」

「低級霊達の溜まり場には、幽体に有害な気が特に多い

※そういう場には、高級霊魂は特に滞在困難 」


「 水波霊魂学で言う間気=肉体に幽体を重ねる、糊の様な気=物質と幽質の中間的存=気功で言う内気=エクトプラブム 」

「丹田やチャクラを意識する、呼吸法や瞑想は間気に有害

丹田=気功でいう気の出入り口
チャクラ=ヨガでいうプラーナの出入り口」

「 禅・瞑想・気功・ヨガは、何が目的でも、高級霊魂の協力無しなら、低級霊に密かに寄られる確率を上げる
(マインドフルネスも同じ)」

「生前に瞑想等をしていた低級霊が、瞑想等の実践者を見つけると、その人に興味を持ちかねない」

「林檎が木から落ちるのはおかしいと言っても、万有引力の法則は変わらない。
これと同じで、人の都合や事情によって、霊的な法則が変わる事は無い」

「 幽体の負傷・幽体離脱の練習・断食や菜食や不眠不休による肉体の衰弱等により、間気を漏らす場合が有る 」

「霊的な金縛り・心霊写真・物音・物体移動等は、間気の応用」

「霊魂が人や動物の形に変えた間気を、幽霊と見なす人もいる」

「漏れた間気は、白い煙の様に視える事が有る
(それを、白いオーラと呼ぶ人もいる)」

「間気は、黒っぽく視える事も有る」

「高級霊魂の代わりに、その部下が人を観察する場合も有る」

「 ある霊魂は間気を使い、風が無い部屋の仏壇の、線香の煙を動かした。
それを見たその家の人達は、他界した身内が帰ってきたと誤解した」


『瞑想の霊的危険』と言う本には、こう言う旨の記述があります。

「一般の人は、瞑想しない方が無難」

「第三の目は、実際には幽体の目である。
そして、幽体の目は誰でも見えている。
見えていても、肉体の意識はそれを知らない。
幽体の目の視力が、肉体の目にも見えたり、心の中で感じると言う時、そこには霊魂が関与している。
それが、いわゆる霊視や透視の実態 」

「かつて、超能力を求め瞑想する人達が大勢いた。
それにより、超能力に関心を持つ霊魂達がこの世に現れ、悪影響をもたらした。

なぜならば、特殊能力を発揮する方法を調べる為、霊魂が人の幽体に干渉し続けたからである。

その結果は、悲惨であった。

瞑想中に人の耳元で何度も囁けば、霊的な聴力を得たと感じる瞑想者が出る事も解った。

誰かの背後の霊魂から情報を聞けば、他者の事が何かしら解る、と言う事も判明した 」

下記の語句で検索なさると、犯罪の被害にあい難くなるかもしれません。

「コールドリーディング」「洗脳 手口」「カルト 対処」「霊感詐欺 対策」

jig********さん

2019/4/915:43:54

常に想いを寄せていれば聴いている筈です

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kaz********さん

2019/4/913:10:49

こんにちは。どうゆう意味で解釈して良いのでしょうか。
母親が亡くなったので逢いたいということで合ってますか?

gou********さん

2019/4/913:05:07

霊魂を呼んで口寄せと言う方法があります。
簡単な会話だけは出来ます。

kod********さん

2019/4/912:58:39

会えない。
死んでも会えない。
受け入れて前に進む。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる