ここから本文です

建設業の請求に関する事について

アバター

ID非公開さん

2019/4/1116:27:37

建設業の請求に関する事について

今回より 特定の元請けに対する請求額より
安全衛生協議会費と言うものが 現場ごとに
差し引かれる様になりました

この場合の仕分けなど 教えて頂きたいと思います。

例えば 合計額100万円

安全協議会費 2000円

※100万円から 2000円
差し引かれて振り込まれます 98万円

※2000円の領収書がFAXで流れてきました
振り込まれるのが15日なので
領収書も15日とあります。

閲覧数:
23
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

uzg********さん

2019/4/1318:16:21

諸会費などで計上すれば大丈夫です。
https://kanjokamoku.k-solution.info/2016/04/post_551.html

金額がちょっと違うようなので(差額が合いません)、確かめてみてくださいね。


あと、建設工事の下請負に下請法は適用されませんし、現に差し引かれる話ですよね。「最近では無いでしょう」「現在では下請法関係でその様な風習は亡くなった」などとするのは出鱈目回答者の出鱈目回答なので、お気を付けください。
https://www.jftc.go.jp/shitauke/sitauke_qa.html#cmsQ1

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

t22********さん

2019/4/1116:36:53

元請が下請会社対象にする安全教育。その名目で費用を差引くのは一昔前の話で最近では無いでしょう。以前は選挙が近くなると応援する代議士の選挙活動費に集めたものです。現在では下請法関係でその様な風習は亡くなったのです。その費用は税務署ではなく、警察の調査になり発覚したら大変な事になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる