ここから本文です

不妊治療と仕事

アバター

ID非公開さん

2019/4/1209:39:48

不妊治療と仕事

現在41歳、体外受精を目標に不妊治療しているものです。仕事柄休めない職種だったので仕事は退職したのですが、失業保険も切れ、これが最後と妊活優先で割り切ったはずなのに、金銭的に全く余裕がなく行き詰まりを感じています。

新しく仕事を探そうとすれば治療が気になり、腰を据えて仕事を探せません。二カ月に1度とはいえ、ひどいと1日おきに通院しています。そしてあまりにも高額な治療費に不安しかない毎日です。

採卵に合わせて通えるよう短期のアルバイトでもあればいいのですが、地方で仕事自体も少なく、妊娠、就活ともに年齢的に焦りがあります。

皆さんはお仕事しながら治療されてますか?お仕事されていない方は、どのように気持ちを落ち着かせていますか?また、皆さま金銭的にどうやって都合をつけてらっしゃいますか?

立ち入った質問になりますが、皆さまのお話お聞かせ頂けると有り難いです。よろしくお願いします。

閲覧数:
193
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jj5********さん

2019/4/1717:01:34

不妊治療を受けている人は増えていますし助成金だけでなくもう少し何かしらの援助があってもいいと思います。ただ、不妊治療をして必ず妊娠出産できる訳じゃないので、そこまでお金はかけられないでしょう。

全体的には不妊治療をしなくても妊娠出産している人の割合の方が多いので、そういう人がどんどん子供を産めるように子育て支援を充実させる方がいいんじゃないでしょうか。http://kasama-pocket.naviarc.com/sp/page/page000084

あとは、不妊治療を受けた人は出産後に治療費が返ってくるとか、不妊治療にお金をかけた人が実際に子育てをする段階になった時に困らないようになるといいなと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「体外受精」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

s_h********さん

2019/4/1223:45:36

金銭的、1番辛いところですよね。金銭な問題が〜というと生まれてからの方がかかるのにそんなこと言うなら子供は無理!とかここの知恵袋で言われたこともあって(^-^;
正直、本当はもっと余裕あって生まれて来る子供の為に使いたかったのにそれが生まれて来る前に使い果たしちゃう感じで辛いんですよね(。>ㅅ<。)湧いて出てくるわけじゃないし。
私もこの度今月末で会社を退社します。
お給料も普通にあって、仕事も楽しかったのに止めて給料が0になって、この先顕微授精に50万近くお金がかかってくる。
気が遠くなります。
もう既に100万以上使っています。

今回の顕微授精がダメそうなのでまた1からか、と思うとまたお金かかるな…と気が滅入るのでお金のことでそうなるのはお気持ち分かります。
私は結婚した時、貯金が0だったので結婚したら自分の給料は全部貯金!って思っていましたが全て不妊治療費に使っています。
もっと国からの補助があればいいのに。と思います。
少子化少子化と、その前に産めなきゃ意味無いじゃんと思います。
私の愚痴みたいになり、すみません(^-^;

cho********さん

2019/4/1212:45:17

はじめまして。
私も仕事しながら体外受精にて第二子妊娠中です。

女性の体はシフト制ではないので大変ですよね。
私は病院に相談して薬で排卵日など微調整してもらい、なるべく欠勤せずに移植できました。さすがに採卵の時は風邪と言ってお休みしましたが、働かなくては子供を授かっても生きていけないと思い、退職はしませんでした。

また、不妊治療自体5年かかり、その間に体外受精に向けて貯金していたので、その貯金が尽きたら不妊治療を諦めようと決めていました。

一度病院に相談してみてはいかがでしょうか?
仕事は人数がたくさんいて、欠勤しても差し支えない方が気持ちも楽ですよ。あと、妊娠してもすぐに辞めずに働けるところの方がいいと思います。ビックリするくらい子供にお金かかります。

sa_********さん

2019/4/1211:03:22

ホテルの配膳の短期バイトはどうですか?学生時代にやってましたが、直前でシフトを入れられてよかったです。
ホテルというより、専門の派遣会社に登録するシステムで、前日や当日に「入れる??」なんてのもよくありましたよ。

dox********さん

2019/4/1210:49:29

フルタイム正社員と両立し、治療期間トータル3年かかりましたが体外受精で2人授かりました。

体外受精のための退職を申し出たところ「お金がかかるんだから」と引き止めてくれたのは会社のほうでした。

その気持ちへの感謝もあり、極力仕事に影響せずに通える病院を探し、転院しました。

体外受精と一言で言えど、治療方法や通院日数はまるで違うんです。

私もはじめの病院は採卵まではほぼ毎日通院…連日遅刻や早退しなければならず退職を申し出ました。

その後転院した先は生理~判定日までの1ヶ月間で通院は5日。採卵や移植の日でも時間によっては半休で済みました。

実績や人気は最初の病院のほうがありましたし、治療費用も安かったので迷いましたが、仕事を続けてこそ治療ができる状況でしたので、良い選択だったと思います。

妥協しないといけない部分も多々ありますが、自分に合う病院を探してパートに出てみてはどうでしょう?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる